2013/12/14

facebookページ100万人達成記念イベント『ANAファン感謝祭』

ANA facebookページ100万人達成記念イベント『ANAファン感謝祭』に参加させていただきました。応募総数4573人中当選者30名という狭き門に、お年玉年賀切手すらまともに当たったことがないのに当選shine

Pc148350

Pc148353

Pc148352

Pc148354

羽田空港国内線第2ターミナルの搭乗エリアを 保安検査場ごとに色分けし、わかりやすくする試みがスタートしていました。

Pc148359

朝10時、羽田空港第2ターミナル1Fに集合Facebookの「F」のロゴを持ったANAのスタッフさんが待っていました。名札と、寒いので・・・と、星型ホッカイロをいただきました。いきなりのおもてなし♪

Pc148362

専用バスでエンジンメンテナンスビルへ移動。

Pc148499

ビル入口にはでっかいB787のロールス・ロイス製エンジンの写真展示が!

Pc148363

Pc148364

会場に到着。なんと、手づくりだといいうウェルカムゲートでお出迎え。ここでもおもてなし実感catface

Pc148445

2014年3月に退役予定のB747も模型も。

Pc148423

Pc148426

特別塗装のディスプレイ✈

Pc148370

Pc148375

Pc148429

Pc148430

懐かしいチケットや時刻表などのディスプレイもとても興味深かったですflair

Pc148367

懐かしいポスターも多数。機内で提供されるミネラルウォーターとキャンディーも。

Pc148492

ステージもあたたかな手づくりnote

Pc148381

Photo

こちら、本日の式次第。

Pc148390

まずは、エンジン整備エリアの見学を、3グループに分かれて、整備員さんにご案内いただきました。飛行機にとってどれだけエンジンが大切か、そのエンジンが無数のパーツでつくられ、整備が人の手によって丁寧になされていること、勉強になりました。また、B787のロールスロイス製エンジンに感動☆

Pc148397

続いては、マーシャリング体験業務。飛行機が駐機する際に誘導してくださっている、あの業務です。意外と簡単そうに見えて、繊細で体力も必要な大変なお仕事だということを体感しました。今度飛行機に乗る時が楽しみです。

Photo_2

ランチは、今年の夏、facebookで実施された「機内食総選挙」で選ばれた和洋メニュー両方の試食会。

Pc148399

和食と洋食の調理長さん登場で、機内食に対する熱い想いを語らえていました。

Pc148402

Pc148404

贅沢にも、CAさんからのドリンクサービスも!

Pc148406

機内と同じく、ワゴンで機内食のサービスです。和食ベースか洋食ベースで、メイン料理はどちらも食べることができるという贅沢な昼食restaurant

Pc148417

わたしは和食ベースでいただきました。今月、欧米線で提供されているメニューだそうなので、あと数週間後、また出会うかもしれませんgood

Pc148411

駿河湾釜揚げしらす御膳、あっさりして美味しかったです。煮物もあったので、栄養バランスもよさそうでした。基本、和食はあまり美味しそうではないことが多いので選ばないのですが、これはオススメです!

Pc148419

この濃厚で甘いお豆腐にめかぶやきゅうりのみじん切りを添えて、生姜醤油であっさりいただく、とても美味しい一品でした。

Pc148409

こちらは、エコノミークラスにもビーフメニューを、という、料理長さん渾身のハッシュドビーフ ペンネパスタ添え、2014年2月に欧米線で提供予定だそうです。カロリーが気になりますが、美味しかったです!

Pc148440

個人的に、ANAの国際線エコノミークラスの食事には長く、とても不満でしたが、12月から改善されているとのことで、今後、期待できそうですup

Pc148422

飛行機を見ながらの機内食ランチ、幸せでした~っheart04

Pc148436_2

午後のイベントの準備中。裏方スタッフの方も多数お仕事されていました。感謝x2。

Pc148450

午後イチは、Captain's トリビア。

Pc148452

本物のミス・パイロットである副機長さんのアメリカでのトレーニング談義、カバンの中身を拝聴・拝見できました。

Pc148456

2014年3月で退役が決まっているB747のキャプテンからのB747談義およびカバンの中身紹介。3月までにB747に乗りたい!と思いました。なんだかジャンボがなくなるのは寂しいですね。夜便で羽田→福岡をB747の2階席窓側で帰省するのがいつも楽しみでした。

Pc148461

次に、CAさんによるリアルスカーフ巻き講座。CAさんによって、スカーフの巻き方が違うとのことで、次回、ANAに乗る際には注意して見てみようと思いました。ちょっとした巻き方の違いで雰囲気変わるものですね!

Pc148447

Pc148464

Pc148465

Pc148485

続いて、救命胴衣体験。いつも出発前に安全ビデオ、または、CAさんの実演がありますが、正直、あまり真剣に見たことがなく(スミマセン、)、今回、実際に体験をさせていただき、空気を入れるのに両側の金具を思いっきり引くと、すごい音がして、首が締まるくらい空気がぶわ~っと入って膨らむのにはびっくりしました。あとは、意外と金具を止めたり空気を入れる管を見つけるのが難しいこと。日頃からの心構えの大切さを知りましたm(__)m

Pc148468

Pc148474

特別ゲストは、航空写真家のルーク・オザワさん!! 飛行機と風景をなんとも美しい1枚として撮影される人気写真家さんです。お話もとても楽しく、素敵な写真もたくさん拝見できました。

Pc148471

たとえばこれ。満月に飛行機という幻想的な一枚。

Pc148476

ラウンジでこんな写真も撮れるのですね!次回、ラウンジでアングル探してみます(笑)

Pc148478

美しい沖縄の珊瑚礁と飛行機。

Pc148479

Pc148484

続いて、Facebookの人気企画「空から見える景色クイズ」なんと奇跡の2問連続正解で、レアなステッカーをいただきました。先日、ANAで宮崎旅行に行っててよかった(汗)

Pc148483

リアルANA Facebook企画体験にご協力をいただいた皆さん大集合。ホント、楽しかったです☆

Pc148496

しかし、これで終わらないのが「あんしん・あったか・あかるく・元気」がモットーのANA!なんと、出場フルメンバーに囲まれたて、約30名の参加者ひとりひとりと写真撮影会が行われました。相当な時間がかかりましたが、プロのカメラで2枚、個人のカメラで2枚を丁寧に撮影してくださいました。プロのカメラで撮った写真、後日、郵送してくださるそうです!メール添付でちょいと送ってくださるだけでいいのに…なんというおもてなし精神(涙)

Pc148493

写真撮影中、アンケートを記入しました。その際、配られた鹿x5のバインダーもお土産としていただきました。

Pc148504

楽しかったイベントもあっという間に終了。帰りは羽田空港第2ターミナルまで送ってくださいました。あ、その前に、メンテナンスビルの下まで整備の皆さん、パイロットさん、CAさん、料理長、スタッフの皆さん全員が下りてきてくださって、手を振ってお見送りをしてくださいました。

実は約1か月前、赤い翼の鶴丸の工場見学会に参加したのですが、そもそもSNSに載せてはだめ、ここの写真はだめ、解説も不十分で時間配分も中途半端、お土産もなし…で、ちっとも楽しくなくて、今回は「感謝祭」という特別イベントでしたが、きっと、工場見学会も鶴丸とはだいぶ違うんだろうなぁ、と感じました。

皆さん、至福の時をありがとうございました。これからも変わらず、ANAとSTAR ALLIANCEファンでい続けます\(^o^)/

Pc148508

手づくりの心のこもった、お・も・て・な・し・感謝祭の最後にいただいた、大量のお土産です。ルークさん撮影のB747カレンダー、機内販売されているといお菓子、整備さんのユニフォーム携帯クリーナーと、機長さんとCAさんのユニフォームをかたどったキーホルダー。

ANAファンとして、最高の時間をありがとうございました。またこんなイベントがあることを心から願います。そして、次の搭乗を楽しみにしていますairplane

2012/06/05

旧古河庭園(バラ祭り)

仕事で近くまで行ったので、調べたいこともあり、旧古河庭園に立ち寄りました。

P6051129

終わりかけでしたが、バラフェスティバルが開催されていました。

P6051126

内部見学は、往復はがきによる事前申し込みのみ受付のため、今回は入館不可でした。内部見学は、ガイドによる解説付の洋館見学会を1日3回行なっています。詳しくはこちらで!

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities034.html

P6051127

P6051118

P6051120

P6051112

旧古河庭園は、鹿鳴館や旧岩崎邸を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドル博士の遺作となった洋館で、1917年(大正6年)5月に竣工しました。

館内では美しいタイルも拝見できるとのことで、近いうちに館内見学したいです!!

P6051110

P6051115

P6051119

美しい洋風庭園には、様々なバラが植えられていて、その美しい姿を楽しむことができますが・・・もう終わりかけでした。

タイルの魅力に惹かれて興味を持った建築。洋館と古民家見学を楽しんでみたいと思います!

2012/06/02

『Sweden Day in Tokyo 2012』@スウェーデン大使館

スウェーデン大使館で2012年6月2日(土)、3日(日)開催のオープンハウス、「Sweden Day in Tokyo 2012」にご招待されまして、足を運びました。

P6021092

最寄駅は六本木1丁目。実はここには「泉屋博古館分館」という美術館がありまして、一度行ってみたいと思っていますが、今日も時間がなく断念(涙)

P6021097

P6021095

P6021096

20周年を迎えるスウェーデン商工会議所の主催で、いろんなスウェーデン企業の展示やイベント、スカンジナビア航空やなぜかフィンランド航空も(汗)、とにかく、いろんな形でスウェーデンを体感できるイベントでした。

P6021094

P6021098

普段、自由に中を見学できない、スウェーデン大使館に入れていただいたというのは貴重な体験でした。屋内プールもあるんですよ!

P6021100

こんな冊子もいただきました。

ご縁あって、去年、スウェーデンに足を運ばせていただきましたが、スウェーデンは洗練されたデザインから想像できるように、森と湖の美しい国です。また是非足を運びたい国のひとつです~っ!

『レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」』@Bunkamuraザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)で『レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想』を鑑賞しました。

会期:2012年3月31日(土)~6月10日(日)

P6021089

Photo

イタリアが生んだ巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの「美の系譜」に焦点を当て、ダ・ヴィンチの名画、弟子との共作、弟子の作品、そして"レオナルド派"と呼ばれる画家たちによって描かれた作品や資料を通じ、ダ・ヴィンチが創造した「美の理想」の真髄に迫る展覧会。

ダ・ヴィンチの作品は、たった10数点しか現存しないといわれています。そんな貴重な作品中、日本初公開となる傑作『ほつれ髪の女』や、若き日の習作『衣紋の習作』、個人所蔵のため、目にする機会が難しい『岩窟の聖母』を鑑賞できるとあって、ものすごい混雑でした!!また、展覧会もあと1週間で終了というのも理由だったと思いますが・・・

Photo

『ほつれ髪の女』は、なんとも優しい微笑みを浮かべた、とても美しい女性で見とれてしまいました。ダ・ヴィンチの繊細な独特のタッチが感じられる素晴らしい作品ですねshine

興味深かったのが、展覧会の最後の方のお部屋で展開されていた『モナ・リザ』の多様なバージョン!!これは、ダ・ヴィンチから強く影響を受けた弟子の作品や後世の画家たちによるもので、人それぞれの『モナ・リザ』を観ていると、どれだけ『モナ・リザ』が世界を魅了する名画であることか、が、よく分かりました。いつかルーヴル美術館で本物に会いたいです。

ダ・ヴィンチだけではなく、この時代の画家が描く「宗教画」については、少し知識があった方が、絵画の見方のヒントになってよいなぁ、と感じました。わたしはかなり勉強不足だったので、今後、勉強ですpencil

2012/05/21

横田百合子さん油絵展@銀座・新井画廊

横田百合子さんの油絵展が2012年5月21日(月)~26日(土)まで銀座7丁目の新井画廊さんで開催中とのことで立ち寄りました。

P5210329

横田さんご夫妻はわたしのブルガリア/ソフィア在住の伯母と伯父の友人です。わたくしの素人ブログをご覧いただいているということで、感動していたのですが、伯母からは素晴らしいご夫婦なので是非個展に足を運んで欲しいと案内をもらい、短い時間でしたが拝見させていただきました。

P5210331

P5210334

P5210335

P5210337

27枚の美しい風景画のうち、なんと10枚がブルガリアの美しい景色でした!実際に足を運んだことのあるイタリア・ヴェニス、オーストリアのハルシュタット、スイスのルツェルンは目の前にその時の景色が広がり、また、是非行ってみたいと思っているイタリアのアルベロベッロ、ポルトガルのナザレの風景画には、こんな景色が広がっているんだなぁ、と、想像力を掻き立てられました。

P5210333

どれも素晴らしい絵画だったのですが、わたしの中で何度も見入ってしまったのはこの絵です。写真が白っぽくなってしまい、大変申し訳ありません!

なぜなら、ブルガリアの生命力溢れる緑が生き生きと描かれていたからです。

それぞれの景色で空の色も緑の色も水の色も違います。それは当たり前のことなのかもしれませんが、横田百合子さんが目の前に広がる景色から受け取った色彩が表現されているもので、その色の違いをそれぞれの絵で楽しませていただきました。お人柄が絵に現れていらっしゃいます。

個展は5月26日(土)まで開催中です。是非足をお運びください!!

2012/05/20

『鹿島茂コレクション2 バルビエ×ラブルール アール・デコ、色彩と線描のイラストレーション』@練馬区立美術館

鹿島茂コレクション2 バルビエ×ラブルール アール・デコ、色彩と線描のイラストレーション』を鑑賞しに、練馬区立美術館へ足を運びました。

P5200316

練馬区立美術館は、西武線の中村橋からすぐのところにあります。駅を降りたらサインが(天気の悪い一日でした)。

P5200317

P5200324

P5200318

P5200320

P5200321

サービスで、ポストカードが1枚付いてきました!

4_2

長年、ANAの機内誌『翼の王国』で連載中の鹿島茂先生著「稀書探訪」。学者としての鹿島先生と、コレクターとしての鹿島先生の葛藤が描かれていて、機上でいつも楽しみにしているエッセイです。

その連載と連動するような今回の企画!目の前にあの「稀書探訪」の世界が広がっていて感動しました。

P5200322

おまけに、先生の生解説を1時間半も堪能してしまいましたscissors

ゲルマン系なので、フランス系は苦手なのですが、鹿島先生の連載には、紙の書物に対する愛と、紙の書物が持つ美しさがなんともオシャレに綴られており、毎回楽しみに拝読しています。

わたしは本に関しては、デジタルではなく、大切にしたい本ほど、紙!!だなぁ、と感じています。以前、「古書の来歴」(ジェラルディン・ブルックス著)という書籍について記載しましたが、人の手から人の手に、時代を超えて紙の書物が渡っていく際に、書物に歴史が刻まれる様は、デジタル書籍にはありえないことだと思います。

そんなことを、鹿島先生のエッセイを読むたび、共感するのでした・・・。

P5200326

ちなみに、先生の生解説という贅沢な美術館鑑賞を楽しんだ後、水道橋にある印刷博物館で特別セミナーを拝聴しましたが、いよいよ印刷博物館も”ぐるっとパス”に加盟しておりました!もちろん、練馬区立美術館も、こちらのパスで入館可能です。

2ヶ月間でいろいろ都内の美術館・博物館・動植物園を巡りたい方にはこちらのパスがおススメです!余談でした・・・

2012/04/27

日本ホビーショー2012 - DIY女子部さん

東京ビッグサイト(お台場)で開催された、『第36回 2012 日本ホビーショー』に足を運びました。

会期:2012年4月26日(木)~28日(土)

P4279204

P4279206

日本最大の手づくりホビーショー。趣味の大祭典shine企業ブースと個人ブースに分かれていて、ジャンルを問わずに様々な手づくりホビーが集まる、和気あいあいとしたイベントでした。

P4279207

P4279209

甘いものが大の苦手でスイーツ嫌いなわたしには向いていませんが(苦笑)、デコスイーツが超人気でした!!一心不乱にデコスイーツに熱中する女子たち、すごかったです。

P4279211

P4279215

もっとCawaiiもの展、Cawaiiでつながろう!というだけあってSo Cuteでしたheart04

P4279210

オランダのデルフト焼き系が意外に多くてびっくりしました!!逆に、いくつかブースがあるであろうと思っていたモザイクタイルのブースがひとつを除いてナシ・・・でした。

P4279220

ちょうど、フジテレビ系「めざましテレビ」で、DIY女子部さんが取り上げられていて、可愛らしいモザイクタイルのテーブルをつくられていたので、どうなったんだろ~と思っていました。今回展示会に足を運んだ一番の理由はこちら!

P4279218

P4279219

ステキなテーブル!自然と一体になっているところが、DIY女子部さんの女子力を感じますclover

P4279224

こちら、先ほどのテーブルの裏側。裏側もステキ。

P4279221

P4279226

こんな可愛い子供部屋!!手づくりアイデアいっぱいでした。

P4279222

P4279225

壁のディスプレイもすっごくオシャレ。

P4279227

P4279228

P4279229

いろんなタイプのテーブルを見せていただきました。特に一番した、白い部分には白いタイルがハマってるんです。こだわりを感じます。

ひとつ目からウロコだったのが、テーブルの真ん中にタイルを敷くと、鍋敷きの代わりになって、そのまま熱い調理器具を置くことができるということ!

そうですよ、タイルは焼き物なのです✩これには新鮮な驚きを感じました。ナイスアイデア!

次回『第37回 2013 日本ホビーショー』は2013年4月25日(木)、26日(金)、27日(土)の3日間、東京ビッグサイトでの開催予定だそうです。

来年はもっとモザイクタイルなど、タイル関連のブースが出ていることを祈りますflair

2012/03/25

『アベンジャーズ』特別前売券&ジャパンプレミア抽選会

今年2012年8月17日公開予定の映画『アベンジャーズ』の数量限定スペシャル前売券の1日限定発売に出掛けました。

P3258948

先着300名にジャパンプレミア抽選会への参加券がもらえる、とのことで、早朝6時30分から六本木ヒルズで並びました(汗)

驚いたことに、朝6時15分くらいだったにも関わらず、大江戸線六本木駅の地上から降りてくる人の多いこと!!学生ぽい人、社会人ぽい人、皆さま、朝帰りにしては超ハイテンションでしたsweat02

無事に172番の引換券をゲットできました。

P3258950

朝6時半から並んで前売券引換え所にたどり着いたのが8時50分過ぎ。後ろを振り向くと、超長蛇の列でした。何百人くらいいたんでしょうね。。。

P3258951

映画館内の座席番号がジャパン・プレミアの抽選番号・・・でしたが、残念ながら当選できず、15名当選/300名参加は厳しいsad!

でも、世界初公開の3D版予告編、アメリカ版3D予告編、それからS.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンからのこの抽選会に参加した人に向けたスペシャルメッセージビデオを鑑賞できたので、とても残念でしたが楽しいひと時でした~っ。

P3258953

数量限定スペシャル前売券は特大サイズ!これを持って劇場に行くのはちょっと恥ずかしい、というか、ずっと持っておきたいですslate

2012/03/05

パネル展示 ブルガリア - 文明の十字路@渋谷区文化総合センター大和田

渋谷区文化総合センター大和田2F「ギャラリー大和田」で今日から開催の『パネル展示 ブルガリア -文明の十字路』にご招待をいただき、足を運びました。ソフィアファミリーの石井事務局長、ありがとうございました!

P3058526

P3058527

今回のパネル展では、第一部でブルガリアの概要を、第二部でユネスコ世界遺産に登録されている北ブルガリアに位置するスヴェシュタリ古墳を含む、ズボリャノヴォ地方のマケドニア式石室墓などについて紹介されていて、とても興味深いものでした。

P3058525

P3058524

パネル第二部は、東海大学文学部教授 金原保夫先生からの解説もあり、「ヨーグルト」「琴欧州」「薔薇」とはまた違う、ブルガリアの貴重な観光資源である「歴史文化」の魅力を存分に感じました。

他にも、音楽や絵画、美術も魅力的なんです、ブルガリアは。5月下旬~6月上旬のバラ祭りだけではありませんっgood

_

__2

■日時:2012年3月5日~18日(9:00~20:00 初日と最終日は時間変更あり)
■会場:渋谷区文化総合センター大和田2F「ギャラリー大和田」
■入場料:無料
■内容:パネル展示
     第一部 ようこそ、ブルガリアへ!
     第二部 スボリャノヴォ、文化と信仰が出会う聖なる地
■催事:3月9日、15日、18日は関連催事あり(定員30名)

会期中、ブルガリアの伝統的お守り「マルテニツァ」作り体験や、金原教授による講演もあります。詳細は掲載のチラシをご覧ください。

わたしの大好きだった祖母が愛した国・ブルガリアを紹介するパネル展へ、是非、足をお運びくださいcatface

2012/01/14

『ふるさと祭り東京』@東京ドーム

日本の”元気”と”うまい”が大集合!『ふるさと祭り東京2012-日本のまつり・故郷の味-』に出掛けました。
会期:2012年1月17日(土)~15日(日)
www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

2012

P1146985

16時からの入場はイブニングチケットとなり、1,500円の当日券が1,000円になりました!

P1146986

青森の弘前市と八戸市の山車がお出迎え

P1147071

会場内にも、八戸三社大祭のミニ山車が。

P1146988

P1147131

P1147014

会場は大混雑!

P1146994

お祭りモード全開!!

P1146990

P1147123

いきなり、青森県弘前の弘前城築城400年祭のマスコットキャラクター・たか丸くんに遭遇!

P1147063

モンバイザーならぬ、島根県の観光キャラクター「しまねっこ」の紙でつくったサンバイザーを頭にのっけているお客さんが結構いて、ナニナニ???と思っていたら、会場の一角に島根県の大きなPRブースがあり、いました、しまねっこ(苦笑)撮影会中でした。

P1147065

そのしまねっこの近くに、たっこにんにくイメージキャラクター「たっこ王子」を発見。青森県のブースには、青森観光のキャラクター「いくべぇ」がいましたが、背が低くお客さんに囲まれていたので撮影断念。。。

P1147129

このイベントの目玉は大きくふたつ、ご当地祭りのイベント会場での実演と、全国各地から集まった10種類以上の「ご当地どんぶり」を食べ比べて「No.1ご当地どんぶり」を決める「第3回 全国ご当地どんぶり選手権」。

P1146993

P1147010

1杯500円、いくつも食べられるようにと小ぶりの器に盛られています。チケットを専用ブースで購入して好きな丼ものと引換えますが、どのブースもかなりの列でした。こちらは信州名物ソースカツ丼。

P1146996

P1147000

人生初のきりたんぽ体験!きりたんぽの味噌焼きをいただきましたが、おそらく、鍋系の方がきりたんぽの美味しさをより体感できたかも?

P1147004

P1147008

P1147013

ご当地の地ビールも多数出店していました。

P1147017

P1147016

こちらは旦那様の大好物であるわらび餅。1片がとても大きくて、わたしは1/2いただいてギブアップでした。。。

P1147021

P1147019

2006年から、砂の彫刻「砂像」を展示してきた「鳥取砂丘 砂の美術館」が、2012年4月14日、展示スペースと作品規模を拡大、展示施設を整備して、世界初となる砂像展示専門の美術館「鳥取砂丘 砂の美術館」へと生まれ変わるそうです。
詳しくはこちら → http://www.sand-museum.jp/

チョコレートじゃないですよ、砂なんですよ!すごいっ。

P1147022

P1147072

会場では、丼もの選手権の他に、ご当地名産品やお弁当系も多数販売されていました。日本の食は本当にバラエティーに富んでいます。

P1147070

P1147068

なんと贅沢な・・・メロンの中に生メロンソフトクリーム!

P1147069

同じブースでたらば蟹4,000円が半額の2,000円になっておりまして、旦那様購入(わたしは蟹が苦手なので・・・、)。

P1147030

P1147035

ご当地テレビ曲のオススメ逸品ストリートで見つけた大阪のたこ焼き屋さん。大きくふっくらアツアツで美味しかったです♪

P1147027

熊本県の営業部長も発見!!熊本県からのブースには部長の姿が多数見られました(●^ー^●)

P1146989

P1147039

さて、今回とても楽しみにしていた、ご当地お祭りの実演。去年の夏、実際に鑑賞した青森のねぶたまつりと、見てみたいなぁ、と思っていた秋田の秋田竿燈まつりです。

Photo

P1147042

P1147047

まずは青森のねぶたまつり。会場の照明を消しての実演。一目ねぶたを見ようと、鑑賞できる座席は超満員!

P1147052

P1147058

P1147059

P1147060

P1147061

実際に2011年のねぶたで運行したねぶたを一度解体し保管、このイベントのためにトラックを連ねて、最組立されたそうです。あのなんともいえない笛の音色と太鼓の音、ラッセーラ、ラッセーラの掛け声・・・去年実際に観た時のことが思い出されました。また今年も足を運ぶ予定です!

P1147124

Photo_2

お次はまだ見たことのない、秋田竿燈まつりです!こちらも会場を消灯しての再現です。

P1147080

P1147082

P1147084

このお祭りは、五穀豊穣を願うお祭りで、たわわに実る光の稲穂がとても美しいものです。

P1147086

す~っと竿燈が立ち上がった姿には感動しました。これが、250以上も見られるお祭りの壮大さ、是非自分の目で見てみたいと思いました!!

P1147088

最初は片手で支えます。

P1147090

次に高く上へ掲げ

P1147093

額でバランスを取ります!

P1147096

肩でバランスを取った後には

P1147098

腰でバランスを取っちゃいます!これはすごい!!

P1147101

P1147105

P1147107

P1147109

P1147120

東京で東北三大祭りのひとつ秋田市の「竿燈まつり」を見ることができて、とても感動しました。

今年も是非東北へ足をお運びください。わたしも震災への小さな貢献という意味とは関係なく、九州人として東北を知るためにも、足を運びたいと思います。

最近の写真

  • Dsc05936
  • Dsc05933
  • Dsc05927
  • Dsc05926
  • Dsc05925
  • Dsc05923
  • Dsc05919
  • Dsc05917
  • Dsc05915
  • Dsc05914
  • Dsc05913
  • Dsc05911