2009/05/04

妹夫婦のハワイ挙式4日目 帰国日

3泊5日はあっという間で、もう帰国日となりました。

Img_0704_2

両親は成田乗継で福岡まで帰ることもあり、ANAのオリジナル朝便に乗るため、8時に妹夫婦と空港へ向かいました。また福岡でねっ。

Img_0713

毎日美味しい豪華料理だったので、朝食はどうしようかと思いましたが、会社の人に薦められた、パンケーキが美味しい(本当はオムレツが美味しい?)お店に行っとかないと、と思ったのですが、ものすごい行列でびっくり(> <)。

Img_0711

というわけで、昨日ランチで行った『チーズバーガー・ワイキキ』のまた違うお店で軽い朝食をいただくことに。

Img_0705 Img_0706

内装もやっぱり可愛らしい。

Img_0710

軽い・・・ と思ったのですが、デカッ!このショットではデカさが分からないと思いますが、人の顔の大きさほどのパンケーキが3枚。頑張って、2枚食べるのがやっとでした。2人で1皿でよかったのですが、そういうオーダーもちょっと、ですね。

Img_0714

Img_0715

Img_0716

ホテルに帰り、荷造り後、リムジンタクシーのピックアップ時間まで、少し散策しました。毎日お天気に恵まれて、本当によかったです。海も、2年前の8月に訪れた時よりもずっとキレイに見えました。5月は1年で最も雨が少なく、よい季節なんだそう。

ワイキキの海に別れを告げ、空港へ向かいました。

Img_0717_2

Img_0718

Img_0719_2

妹の義理のご両親と妹さんと、搭乗前に空港のレストランで一杯やりました。ハワイで飲むローカルビールも美味しいです。日本で飲むと薄い、と感じるのかな?

Img_0722

Img_0723

帰りも臨時便。

Img_0724

さよなら~、ハワイ。今度は念願のハワイ島へ上陸したいと思います♪

Img_0726

ランチはサーモンを選択。ポークの生ハム・メロン添え、ポテトサラダ、ミックスピクルスとサーモンのオリーブトマトソース、季節の麺など。

帰りは午後出て夕方着く便だったので、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『プラダを着た悪魔』『容疑者Xの献身』を鑑賞。先月国内線で楽しんだ、五代目桂米團治襲名記念落語も再度楽しみました。

Img_0727

そんなんこんなで、軽食時間となりました。サンドイッチとクッキー、フルーツ。18時着予定が、17時10分くらいに到着しました。早くて楽ちんでした。Img_0732

入国審査で、ニューヨークに住む妹夫妻に会ったので、正直に申告したところ、別の紙に連絡先等の記載を強いられ、最終的にはこの紙をもらって無事、入国することができましたが・・・ハワイはアメリカですし、アメリカからの観光客が7割だとガイドさんが言っていたので、アメリカに住む人と接触した、に、NOとチェックするのもどうかと思いました。

妹夫婦も無事にニューヨークまで満席便で帰国できたようで、無事、この旅も終了となりました。自分も海外挙式(@FLR)でしたが、楽園ハワイでの挙式もいいなー、と思いました。

素敵な挙式にお招きいただき、ありがとうございましたっ(^ー^)

2009/05/03

妹夫婦のハワイ挙式3日目 ドライブ&ハワイ最後の夜

今日は、ファミリー毎に別行動の1日です。レンタカーを借りて、キレイな海めぐりなど・・・。

Img_0636

デヴィッド・カラカウ、ハワイ王国第7代王。史上初めて日本を訪れた外国の国家元首で、国民に慕われた王なんだそうです(昨日の半日観光のガイドさんが教えてくださいました)。

Img_0637

レンタカーで、ハナウマ・ベイでゆっくりしようと思ったのに・・・なんと駐車場が満車で入場できず!!近くに止めるところもなく、敢え無く断念しました。ものすごい車の数で、フォトスポットではまったく駐車できる余地がなく、結局、カイルアビーチまで一気に北上してしまいました。

Img_0639

Img_0640

Img_0641

Img_0643

2年前に来た時には曇っていたと思いますが、今日は青空が広がり、海は青く澄んでとてもきれいでした。

Img_0646_2

Img_0647

天国の海、ラニカイビーチも駐車場がいっぱいで駐車できませんでした・涙。

ちなみに、今回是非行きたかったところがあったのですが、特別ツアーの予約できず(涙)。ダイヤモンドヘッドのオーシャンフロントに建つ「シャングリラ」の異名のある、故ドリス・デュークの豪邸です。現在博物館として一般公開されていて、何かの雑誌で見て、とても行ってみたいと思いました。次回は是非!

http://www.shangrilahawaii.org/

Img_0652

Img_0651

ハイウェイを通ってパールハーバーへ抜け、そこからダウンタウンに南下。アラモアナ・ショッピングセンターに行きました。ちょっと遅い昼食は、夜のディナーのことを考え、フードコートでタイ料理・ヤムウンセンで(右下の揚げ物はよく分かりません・・・)。辛めに仕上げていただきました。脂肪燃焼!

Img_0665

レンタカーを返して、ハレクラニのバーで美味しいカクテルをいただくことに。

Img_0655

『ハウス・ウィズアウト・キー』では、夕方17時くらいからフラショーが行われますが、今日はちょっと早めだったのでフラショーは見られませんでした。

http://www.halekulani.com/jp/dining/house_without_a_key/

Img_0656

わたしはブルー・ハワイをオーダー。昨日のとは違うでしょ?(^^;

Img_0657

宿泊もお食事も高めなのですが、この、夕暮れの時間にカクテルをいただくのはとてもリーゾナブルで素敵な時間を楽しめるのでおススメです。雰囲気もカクテルも最高なので!

Img_0658

樹齢100年を越すキアヴェ

Img_0661

2杯目はチチにしました。このチチも美味しい!

Img_0662

贅沢な1時間でしたー。また来たいです!

Img_0672

夕食は『Alan Won’s』。ハワイの創作料理で知られるパシフィック・リム・キュイジーヌの第一人者である、アラン・ウォンさんのお店です。店内は満席で、21時を過ぎても人の待ちは止まりませんでした。さすが人気店。

http://www.alanwongs.com/

Img_0677

まずは前菜。APPETIZER DUO

Img_0679

こちら、トマト味のスープ。

Img_0680

BUTTER POACHED
KONA LOBSTER
Nagaimo Potato Cake,
Green Onion Oil

Img_0684

GINGER CRUSTED ONAGA
Organically Grown Hamakua
Mushrooms and Corn,
Miso Sesame Vinaigrette

Img_0687

TWICE COOKED SHORTRIB,
SOY BRAISED AND
GRILLED “KALBI” STYLE
Gingered Shrimp,
Ko Choo Jang Sauce

Img_0688

DESSERT DUET
Chocolate “Crunch Bars”
and Coconut Tapioca

Img_0691

コーヒーの後にもプティフールが出ました。

全体的に濃い味付けでしたが、最後のカルビ風お肉の料理はとても美味しかったです。

Img_0693

いよいよ明日は帰国の日。3泊5日はあっという間でした。

2009/05/02

妹夫婦のハワイ挙式2日目 ダウンタウン&みんなで半日観光

幸い時差ボケもなく、スッキリ朝を迎えました。

Img_0669_3

今回も宿泊は、ワイキキのファーストレディー、『モアナ・サーフライダー ウェスティン・リゾート&スパ』。

http://jp.moana-surfrider.com/

Img_0260_2

今回はコスト削減のため、ダイヤモンドウィングのオーシャンフロント。とにかく壁が薄くて隣の声が丸聞こえ(汗)バスルームも古く、眺めはなかなかだったのですが、やはり新しい棟の方が壁も厚いしハード面も充実している印象で、次も利用するならまたタワーウィングにしようと思いました。でも、別途はWESTINご自慢のHEVENRY BEDで快適でした。

Img_0508

Img_0509

Img_0511

ダイヤモンドウィングからの眺め(ちなみに5F)。

海は快晴だったこともあり、確実に2年前の8月に来た時よりもキレイでした。

Img_0513

Img_0514

Img_0515

Img_0519

カハラのようなゴージャスさはありませんが、落ち着いた大人の雰囲気。

Img_0521

Img_0522

1部屋30ドルのホテルバウチャーが付いていたので、両親と朝食をホテルのレストランでいただきました。ただ、ビュッフェの内容数は正直乏しく、何より野菜が少ないのがマイナス。ソーセージは最悪。前は?と振り返ったところ、2年前も同じようなことを書いてました、わたし(^^;

http://marimaris-seite.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_adea.html

オムレツ作ってくれないんだー、と思いながら、ほぼ食べ終わりそうなタイミングで、パンケーキ、フレンチトースト、オムレツを付けられるがどうするか?と訊かれました。

最初に言ってよー、と、思いながらオムレツをお願いしましたが・・・ウルトラ高カロリーな感じのオムレツがどどーんとやって来ました(汗)うーん、無理。

日本人率がやはり高く、ウェイターさんはとても忙しそうにオーダーをとったり、コーヒーを注いだりしていました。笑顔で働き者でした。お疲れさまです。Img_0524

Img_0525

Img_0526

今日のワイキキの海です。今日もピーカン!

Img_0528

14時半からみんなで半日観光だったので、両親を誘って、4人でダウンタウン観光に出掛けました。オアフ島に来たら、やっぱりカメハメハ大王像は見せとかないと、なんて。

Img_0530

ツアーに付いていたトローリーチケットを使って、赤のトローリーでハワイ州政府庁前(イオラニ宮殿)で下車。こちら、そのアメリカ合衆国唯一の宮殿・イオラニ宮殿。

http://www.waikikitrolley.com/jp/index.html

Img_0533

Img_0534

Img_0535

そして、カメハメハ大王。今日もピカピカでした。

Img_0536

アロハタワーのところまで散策し、お茶(ビール)をすることに。日差しが強く、日陰に行くとしのげるのですが、太陽の下では日焼け止めも効かない感じでした。

Img_0548

ランチは2年前も行った『Cheesebuger In Paradise』でハンバーガーをいただくことに。

http://www.cheeseburgerland.com/Cheeseburgerland/Landing_Page.html

Img_0538

Img_0539 Img_0542

このレストランは内装が可愛くて、雰囲気もよく、いつも混んでます。Img_0543

お気に入りのパイナップルが入ったテリヤキバーガー、もちろんマヨ系ソース抜き。久しぶりにいただきましたが、美味しかったです。

Img_0549

ランチの後、半日観光ピックアップ場所のホテルに戻りました。

Img_0670_2

モアナ・サーフライダー近くにある、ワイキキ交番の隣にあるのが”魔法の石”(タヒチの神官が霊力を込めたといわれる石)。Img_0556

半日観光はALAN1を通して、AAハワイツアーズさんにお願いしました。

http://www.aahawaiitour.net/

モアナルア・ガーデンパークと、ドール・プランテーションのみのプライベート・ショートツアー。

Img_0566

「この~木なんの木、気になる気になる」で有名なモアナルア・ガーデンパーク。2年前訪ねた時よりも葉が少なかったのですが、季節によってはの密集具体は違うそうです。

この公園の管理は、日立が管理するようになり、これからお土産物屋さんなんかもできる予定なんだそうです。いずれにしても、この素敵な公園は守って欲しいと思います。

http://www.hitachinoki.net/access/garden.html

Img_0569

若干天気が悪くなってきて・・・ドール・プランテーションに到着。約1時間のお買い物の後、ホテルに戻りました。

http://shop.doleplantation.com/

Img_0576

夕暮れのモアナ・サーフライダーダイヤモンドウィング側からの眺め。

Img_0575

Img_0577

Img_0580

カハラとは違う大人の雰囲気。

Img_0581

4月末に誕生日だったので、妹から誕生日プレゼントをもらいました。ありがとう(涙)!!

Img_0582

Img_0584

Img_0586

お部屋からの夕暮れフォト。

Img_0588

1904年に植えられたというバニヤン・ツリー。

Img_0589

Img_0503_2

Img_0590

Img_0591

落ち着いたロビー(雰囲気は夜の方がよいです)。

Img_0634

斜めってしまいましたが・・・本日はホテル内のレストラン『ザ・ベランダ』にて、ANAハローツアーについている3コースディナーをいただきました。

Img_0593

0歳の姪も一緒だったため、それを見たウェイターさんが、イスとテーブルクロスで、簡易ベビーベッドを作ってくれました。

Img_0598

ホカホカのパン、美味しかったです。

Img_0604

メニューはプリフィックス。前菜/メイン/デザート、それぞれ好きなものをチョイスできます。

こちら、シーザーサラダ、なのですが、シーザードレッシングはなく、黒コショウを振りかけてもらいました・・・わたしてきにはよかった(^^;

Img_0612

メインはポークチョップ(豚インフルですが・苦笑)。とても美味しかったです。

そして、フィレ・ミニヨン、アヒ(鮪)カツを選んだ人たちも、みな、美味しかったようでした。特にフィレ・ミニヨン(牛ステーキ)をチョイスした人たちは、これまでで一番美味しかったと絶賛。

Img_0618

デザートもチョイスできました。こちら、ダークラムのクリームブリュレ。

Img_0621

パッケージツアーについていた3コースメニューだったので、まったく期待していなかったのですが、どれもとても美味しかったです!

Img_0622

と、ここでハプニング。

我々のテーブルを担当してくれていた、とてもフレンドリーなウェイターさんが、このロウソクディスプレイの下の鉄の板に頭を強打してしまいました!病院に行ったらしいのですが、大丈夫そうだと、他のウェイターさんから聞きました。とてもウィットの効いたジョークも楽しい方だったので、大丈夫かなー、と今も思っています。。。

Img_0623

もう一杯やりましょう、ということで、わたしはブルーハワイをオーダー。でも・・・これはかなりイマイチでした。カクテルはやっぱりハレクラニのバーが一番?

でも、美味しい夕飯と楽しいおしゃべりで満たされました。

2009/05/01

妹夫婦のハワイ挙式1日目 挙式

妹夫婦の結婚式に出席するため、約2年ぶりのハワイ(オアフ島)へ出発です。Img_0731

今回はゴールデンウィークのハワイということもあり、両家の分も、ANAハローツアーで発売と同時に申し込みました。

http://www.ana.co.jp/travel/int_pkg/index.html

Img_0730

こちら、妹夫妻が作成した、参列者情報も網羅したハンドブック。

Img_0242

今回も、成田空港第一ターミナル南ウイングから出発。

今年のゴールデンウィークは、連休の間の平日も休めば最大16連休という、大型連休。燃油サーチャージも下がり、海外旅行がしやすい雰囲気になってきたものの、豚インフルエンザという思わぬ敵で、旅行をキャンセルする人も。成田空港にはマスクをした人がたくさんいました。

Img_0244

ホノルル着後、11時からカハラホテルで挙式だったので、早めに食べて、機内で寝ようという計画だったため、成田T1内のタイ料理屋さん『ジャイタイ』で軽くヤムウンセンとトムヤムクンをいただきました。

http://www.jaithai.co.jp/

Img_0245

セキュリティチェックエリアを過ぎたところで、ユナイテッド航空の尾翼がずらっと並んでいる壮観な景色に遭遇。この時間に出発することがあまりないので、新鮮でした(手前が新塗装、奥が旧塗装)。

Img_0246

Img_0249

ハワイまでは、エアジャパン(NQ)運航のANA。

Img_0250

今回は、乗り継ぎのない人を中心に振り返られたNH臨時便利用。ラッキーなことに、通常成田夜21時くらい発、帰りはホノルル10時半くらい発なのが、臨時便だと夕方17時くらい発で帰国便は14時半くらい発だったので、3泊5日だった我々は少し長めに旅行を満喫することができました。

Img_0251

機内食は、メインがハッシュドビーフを選択。

Img_0253

機内エンターテイメントプログラムが増えていました!

早く寝なければ、と思いながら、原作を読んでいて映画は見れていなかった『7つの贈り物』を鑑賞。

Img_0256

機内で朝ごはんにも気付かないほど、3時間くらい眠れ、あっという間にホノルル空港到着。朝5時くらいに着いて、入国審査場に進んだところ、外国人のブースは1ブースしか開いていなく、いったい何時間かかるんだろう?と思っていたところ、入国審査の係員の多くが6時から勤務だったらしく、バラバラ開き始め、ようやく通過。

荷物を受け取り、ANAハローのブースへ向かいました。レイのサービスを受け、ハワイモードが高まって来ました♪

Img_0257

今回のパッケージは往復プライベートリムジン送迎付。他のお客さんと一緒に移動ではないので、時間の節約になり助かりました。

Img_0258

ゴージャスな車内。運転手さん(日本人)もとても面白い方で、早朝着で若干疲れていましたが、楽しくお話しさせていただいて、気分転換できました。おしぼりとお水も助かりました。

Img_0429

今回も、モアナ・サーフライダー泊でしたが、臨時便振替で早朝着だったので、アーリーチェックインの手配もしていただき、おかげで2時間くらい眠れて本当に楽でした。オリジナルフライトで来ていたら、行きの送迎をキャンセルして直接カハラだったので、大変だったうえに遅刻していたかも・汗。

というわけで、モアナからカハラにタクシー移動。15分~20分くらいで20ドルくらいでした。

Img_0419 

Img_0430

挙式は高級住宅街に建つ高級ホテル、『ザ・カハラ・ホテル&リゾート』。

http://jp.kahalaresort.com/

Img_0272

Img_0418 

最近、テレビで紹介されていましたが、実際に見ると本当にゴージャスなシャンデリア!ロビーも広々解放感がありました。

Img_0262

5月1日はハワイではメーデーならぬ”レイ・デー”。この日は感謝の気持ちを込めて、親しい人にレイをプレゼントする地元の習慣があるそうです。レイ作り教室も行われていました。いろんなレイがあるんですね。Img_0374

Img_0290

Img_0286

超快晴の下、いよいよ挙式スタート!Img_0288

ダイヤモンドヘッド・ガゼボでの挙式。

ガゼボとは、”庭にある屋根がついた六角形や鳥かごのような形をした東屋”のことだそうです。

Img_0292

青い空と青い海、緑の芝生、遠くにはヤシの木が生えた小島・・・素敵なガーデン・ウェディングです♪(写真が斜めってて失礼・・・)

Img_0293

妹手作りの挙式進行表。

Img_0298

ミュージシャンの生演奏とフラ・ダンサーの素敵な祝福ダンス。

Img_0299

ハワイの司祭さん(カフ)。

Img_0311

厳かな儀式。

Img_0318

結婚証明書にサイン。

Img_0322

参列者全員、シャンパンで乾杯☆

Img_0350

挙式後、両家の両親に宛てて、新郎新婦からのサプライズがありました。

”バウ・リニューアル”という、欧米の習慣で結婚記念日などに夫婦が再び愛を誓い合うセレモニーのプレゼントで、両家の両親が新郎新婦と同じように、司祭の前で再び愛を誓い合いました。新郎新婦が主役だったのに、なんだか主役が入れ替わったようになりました(^^;

ちゃんと、証明書にも同じようにサインをしたりして・・・最高のプレゼントとなりました。

Img_0387

挙式後、レストランでランチ。

Img_0378

先ほど挙式した場所に近い、開放感溢れるレストランでした。

Img_0377

新婦こだわりのフラワー・バスケット。アレンジ、大変だったみたいです。お疲れさま!

Img_0381

メニュー表も、参加者のネームプレート入りミニプレゼント(お菓子入り)もすべて新郎新婦の手作りだそうで、参列者をもてなす気持に感動でした。 Img_0398

ウェディングケーキも素敵でした。Img_0413

何が素敵って、人形師だというご友人制作のこの人形!あまりに似すぎていて、大盛り上がりでした(笑)

Img_0407

中華風チキンサラダ(ドレッシングが美味♪)

Img_0409

帆立貝のソテー、スイートポテトとトマト添え

Img_0414

テンダーロインビーフと魚のグリル

Img_0415

ハワイアンシャーベットとフルーツ

Img_0416

ウェディングケーキ(幸せ)のおすそわけ

Img_0420

Img_0421

Img_0422

Img_0423

新郎新婦の温かい想いのこもったウェディングとランチタイム終了後、ディナーまで自由行動となりました。

ホテル周辺はあくまで(高級)住宅街なので、ホテル内以外でショッピングができる場所やカフェがあったりなどはないのですが、ステキな豪邸が建ち並んでいるので、お散歩しながら、素敵な豪邸やお庭を見学するのも楽しいです。お花も植物もイキイキしていて、とてもキレイ・・・

Img_0426

Img_0434

ホテルのお隣には、『ワイアラエ・カントリークラブ』があります。このゴルフ場は、 毎年1月に行われるPGAソニーオープンが開催される、ゴルファー憧れのメンバーコース。 http://www.waialaecc.com/

Img_0371_2

ホテル内ですが、なんとラグーンがあって、イルカやウミガメなどがいます!

こちら、”ドルフィン・ラグーン・ウィング”。かわいいバンドウイルカが泳ぐラグーンを望む2階建ての宿泊棟です。

Img_0368

イルカさんへの餌やりタイム。

Img_0373

こちら、カメさん。のんびり泳いでまーす。

Img_0475

エイもいます・・・

Img_0433

滝もあります・・・ 

Img_0356

Img_0366

ザ・カハラ・ホテルは、ワイキキから離れた場所にひっそりたたずんでいるので、外部からのお客さんが少なく、ビーチもプールも空いていました。

ビーチも長く、海の水もワイキキに比べるとずっと澄んでいて美しいです。

Img_0281

Img_0435

インテリアも素敵です。

Img_0476

Img_0442

Img_0459

大人のホテル、です。

Img_0455

Img_0462

Img_0467

Img_0477

夕方、陽が陰ってくると、同じ風景でもまた違う景色を堪能できます。

Img_0468

ヤシの木とお月さま

Img_0474

ディナーはザ・カハラ・ホテル内のメインダイニング『ホクズ』で。

http://jp.kahalaresort.com/dining/hokus.htm

Img_0478

どの席からも海が見渡せるようにデザインされています。高級レストランなのですが、気取った雰囲気ではなく、ハワイのおもてなしの心に溢れていました。

Img_0479

ウニを使った前菜

Img_0482

お刺身。ちゃんとしたお刺身でした(肉厚・・・)。

Img_0483

お肉はお箸でも切れそうに柔らかい煮込み系でした。

Img_0486

シャーベットの盛り合わせ、というよりてんこもり(汗)   

Img_0492

プティフール的なチョコレートのお菓子?

Img_0500

シャンデリアに灯が燈ると、オペラ座の怪人のシャンデリアちっくでまたステキ。

新郎新婦渾身のおもてなしを堪能した1日でした。

末長くお幸せに!!ありがとう(^ー^)

2007/08/23

ホノルル空港から成田空港へ

あっという間の5泊7日でした。今日は帰国日、何故か朝4時半くらいに目が覚めて眠れませんでした。飛行機の中で眠ればいいか、なんて思って、カメラを持ってベランダに。

Img_1016

ワイキキの海に沈む夕陽がキレイだった昨夕。なので、日の出は見ることができません。真っ暗闇がだんだん明るくなってきました。

Img_1015

朝5時半くらいだったでしょうか、ロイヤル・ハワイアン奥のシェラトンの窓にはもう灯りがちらほら見えました。早朝便に乗る人たちがもう起きているのかしら?と思っていると、サーフボードを持った人がどこからか海に向かって行っていました。

Img_1019

プライベート・ビーチでは、ホテルのスタッフがビーチパラソルの準備を始めていました。

Img_1020

Img_1027

プール清掃も始まっていました。海の方では、ゴミ拾いが始まっていました。ワイキキの朝は早いんですね。

Img_1023

Img_1029

早朝、可愛らしい鳥の声がそこここで聞こえていました。ホテルの歴史を見てきたこの立派な木にも、たくさんの鳥たちが止まって休んでいました。

Img_1053

Img_1034

サーファーの朝もかなり早いんですね。ふと海の方に目をやると、たくさんのサーファーたちが波を求めて沖を目指していました。 朝の波の方がサーフィンを楽しむにはいいのでしょうか?

Img_1050

さっきまで、足跡がなかった砂浜にもいつの間にか足跡が。

Img_1054

ちょっと年配のお父さんと息子さんでしょうか。サーフボードを持って準備を始めました。

Img_1056

親子で海へ。まだ男の子は小さいのに、上手にボードに乗って沖に消えて行きました。

日本人天国だと思っていたハワイ、オアフ島ですが、今回の旅でイメージが変わりました。世界中の人がそれぞれのハワイを楽しむ、そんな「楽園」なんですね。

Img_1063

フライトは10:50発、ホテル出発まで時間があるので、朝食も食べることができます。朝、昼、夜(夕方は未確認)と、エレベーターマットが換えられていました。

Img_1061

プールそばの席に案内されました。早朝からプールの清掃をしていた女性スタッフ、まだ清掃中でした。プールの水を一気に抜いて掃除するのかと思ったら、抜かないんですね。ホースのついたモップみたいな道具で丁寧に掃除をしていました。ゴミをそこから吸い出していたのかもしれません。未確認ですが・・・。

Img_1059

今朝は早かったせいか、昨日なかったマッシュルームやサーモンなども取れました。

Img_1062

朝、7時前に朝食をいただきに行きましたが、普通にたくさんお客さんがいました。本を読みながら、新聞に目を通しながら朝食を食べている人、今日の観光の計画を立てている老夫婦、海に入る気満々でゴザみたいなのを横に置いておしゃべりする夫婦。最後までリゾート気分にさせてくれました。

Img_1071

このヤシの木ともお別れです。荷物をまとめて2日間お世話になった素敵なお部屋にサヨナラして、ロビーに向かいました。

Img_1084

Img_1085

毎日ベランダからその雄姿を眺めていましたが、改めて近くに寄ると、1904年に植えられたバニヤンの木は、100年余年経っているとは思えない、生命力に溢れた美しい木です。

Img_1087 

「Halekulani」の「House without a key」、「The Royal Hawaian」の「Maitai Bar」とエンジョイしましたが、肝心の宿泊ホテルのBar、「The Beach Bar」は利用しませんでした。ちょっと残念。

Img_1086

今年2007年6月1日に「シェラトン」から「ウェスティン」にブランド変更をしたのに伴って、「BBanyan Veranda」はクローズしていました。この木を眺めながらのお食事は素敵だろうなぁ、と感じました。

Img_1097

空港へは前日に「エアポート・シャトル」をホテルのコンシェルジュに頼んで予約してもらいました。7時45分に来るというので、ちょっと早めにチェックアウトしてロビーにいましたがなかなか来ないので、この旅行中、とってもお世話になった、ちょっとおしゃれなABCストア???

Img_1101

ようやくエアポート・シャトルが到着。既にロサンゼルスから来た親子3人と、新婚旅行でハワイに来たという若いアメリカ人夫婦が乗っていました。わたしたちは一番後ろの席で静かにしてしました。。。

Img_1102

8月23日(木)はもちろん平日、ちょうど出勤時間に当たったようで、渋滞していましたが、ダウンタウンを過ぎると空いていました。初日、空港からホテルまでの車の中で、日本人ドライバーの方が、平日の朝晩は大渋滞する、と言っていましたが、本当でした。

Img_1120

早々に空港に到着し、チェックインを終えて保安検査場に進んだところで、主人が止められてしまいました。ちゃんと、透明なジッパー付ビニールパウチに入れていたのに、「ソフトコンタクトレンズの保存液」が理由。かなり長い間止められて、最後には液体検査をされて解放されました。さっさと検査をすればいいのにっ。ちなみに、わたしは口紅などをパウチに入れ忘れていましたが、止められませんでした。うーん。

Img_1105

Img_1119

「Dole Plantation」以外、ほとんど買い物をしなかったわたしは、空港で最後の買い物をすればいいや、と思っていたのですが・・・ブルガリアのソフィア空港より何もないホノルル空港。DFSもハワイのお土産というところでは、品種は極めて限られているので、これは街でお金を落とせ、ってことなんですね。  本屋さんでハワイっぽい柄のアルバムを主人に買ってもらい、あとは飲むしかない!ってことで、レストランに直行。

Img_1106

Img_1108

Img_1115

Img_1111

Img_1116

ディスプレイがなかなかカワイイところでした。まだ朝の9時過ぎ(日本は夜中)だというのに、わたしは生ビール、主人はブルー・ハワイをオーダー。 

Img_1112

かなりフローズンな状態のブルー・ハワイ。味はアルコールが少々キツメで微妙な味。

Img_1113

わたしはBud Light。見るからに軽そうでしょ?(笑)

Img_1114

天井にも可愛らしいディスプレイ。

Img_1122

早めにゲートに向かいました。早めに出てよかったです。何故なら、ゲートまで猛烈に遠かったから・・・。

Img_1124

Img_1125

帰りはエアー・ジャパン。

Img_1148

なぜ、飛行時間が長い国際線で、国内線より狭いのか・・・いつも感じる疑問です。本当に狭い。

Img_1130

米軍機?!

Img_1132

遠くにダイヤモンド・ヘッドが見えました。

Img_1133

さよなら、ハワイ(涙)

Img_1136

離陸してしばらくすると楽しい思い出をたくさんくれた街並みが見えました。また来たいです、ハワイ!楽しかった、ハワイ!ありがとう、ハワイ!

Img_1139

いつものごとく、赤ワインをオーダー。まだ朝11時過ぎですが(日本は早朝)。スター アライアンス10周年ロゴ入りのナプキンでした。

Img_1143

機内食はポークをチョイス。そばではなく、うどんというところが新鮮でした。ポークの味はイマイチ。ちなみに、ANAの国際線に乗って初めてサービス、というか接客態度があまりよくないなぁ、と感じました。食事の時に通常、座席を元の位置に戻してください、と言いますが、わたしたちの前の座席の人が思いっきり後ろに座席を倒していたので、「前の方の座席は戻していただけないのですか?」とCAさんに言うと、突然前の方まで行って「お食事中は座席をお戻しください」と言い始め・・・エアー・ジャパンと言っても、普通の人にとってはANAと同じですから。。。

Img_1146

ピンボケしてますが、おやつはハーゲンダッツのバニラアイス。

Img_1150

アメリカ線は、ヨーロッパ線と違って、帰りが長いのが辛いです。ちょっと寝て、NINTENDO DSをやったり、ANA便ではいつも楽しみにしている落語を聞いたり。到着時間の少し前に、ヨーグルトとおいなりさんと巻き物のBOXが配られました。巻き物はマヨ入りだったので食べられませんでした。

Img_1151

もうすぐ日本!

Img_1154

成田第一ターミナル南ウイングに到着。 あ、ちなみに日本に到着した日は8月24日(金)午後です。

あっという間の夏休みでしたが、オアフ島、楽しかったです!でも、旅行の楽しさは天気によって左右されるということをすごく感じた旅でした。晴れた日の海や空の色は忘れられません。

今度はマウイ島や、一番行ってみたいハワイ島を狙いたいと思います。 

2007/08/22

オアフ島ワイキキ満喫最終日

5泊もゆっくりできる、なんて思っていたのですが、あっという間に初ハワイ旅行も最終日となってしまいました。最終日にして、朝からようやく海に!ワイキキの海は意外と波が高く、沖縄の海と比べるとやっぱり男性的に感じました。ちょっと沖に行くと波にさらわれてしまいそうな時も。泳げない主人はほとんど砂の上のビーチマットでサンマのようにゴロンゴロンしながらいい具合に肌を焼いていました。

Img_0795

Img_0790

Img_0786

Img_0788

毎日あんなに世界中からやってきたたくさんの人が入る海はキレイじゃないんだろうなぁ、と思っていたのですが、砂はサラサラしているし海は意外とキレイで素敵なビーチでした。ただ、波が高いので、ビーチに近い浅瀬にはゴミが大くてちょっとがっかり。それでも早朝から各ホテルのスタッフが海のゴミを片付けて、それなりでした。

Img_0797

ちょっとゆっくりの朝食。ホテルに朝食だけを食べに来る観光客も多いとか。でも、正直、日本やヨーロッパの同レベルのホテルの朝食に比べたら、少々品数と内容的に納得がいかないかもしれません。オムレツや目玉焼きを作ってくれる人がいるわけでもなく、たんまりフルーツがあるわけでもなく、ハワイの名物料理があるわけでもなく。

Img_0882

朝食後、ひと泳ぎしてお部屋でゆっくり。ホテルのプライベートビーチは狭いのですが、タオルの貸出があったり、海で遊んで、すぐお部屋に戻れるというところはやっぱりいいです。

Img_0800

Img_0805

Img_0801

Img_0802

Img_0862

Img_0863

お昼が近付くに連れて、人もどんどん増えて来ました。日本人ばっかりかと思ったら、欧米人の方が多かった気がします。お客さんがインターナショナルなので、混んでても不思議と気になりませんでした。

Img_0869

お部屋から見えたダイヤモンド・ヘッドをズ~ム。

Img_0872

お部屋から見えたヤシの木をズ~ム。

Img_0803

Img_0878

ワイキキの海は近くで見るより、ちょっと離れて上から見た方が断然キレイ、と、日本を発つ前、知人に言われましたが本当にそうです。ぼーっと何時間見てても飽きない海です。

Img_0873

これ、とっても楽しそうでした!!波に乗るとかなりのスピードで走ります。

Img_0875

サーファーは早朝から夕刻まで途切れなくいました。波に乗っているところを見ると、とても気持ちよさそうでうらやましくなりました。サーフィンにハマる人の気持ちがちょっと分かった気がします。

Img_0804

ほら、意外ときれい・・・。砂もサラサラです。

Img_0856

海の色も真っ青です。光の加減によっては、絵の具を落としたみたい。

Img_0810

この日も天気がよく、中庭のバニヤンの木の緑も鮮やかでした。

Img_0817

Img_0818

きれいな青空!

Img_0819

ちょっと休憩してから、お土産物を買いに、1日目に出掛けたアラモアナ・ショッピングセンターと、ワード・センターという比較的新しいエリアの見学に出掛けました。天気がよいので緑もきれいでした。

Img_0820

この形のスクールバスで主人はその昔、学校に通っていたようで懐かしいと言っていました。でも、ホノルルで走っているスクールバスは新しくてきれいなんだそうです、主人曰く。

Img_0821

JCBカードを見せたら期間限定で無料で乗車できる「ピンクライン」のトロリーに乗る前に、主人がコーヒーをお土産に買いたいということで向かった1日目に楽しかった「フード・パントリー」(スーパー)に行く途中にあった「カイウラニ女王像」。1日目に撮影した時は思いっきり曇っていた空も今日は快晴!

Img_0822

Img_0823

Img_0825

「ピンクライン」のトロリーに乗って、「アラモアナ・ショッピングセンター」へ向かいました。途中でヒルトンホテルを経由しますが、ガイドブックに載っている「レインボータワー」とはこれかぁ、と思いながら眺めていましたが、思っていた「レインボー」とはちょっと違いました。クレヨンか何かで描いたカンジの「レインボー」。ヒルトンホテルにはたくさんの植物が植わっています。

Img_0837 Img_0838

約20万㎡の広大な敷地に、デパートやフードコート、スーパーマーケット、ブティック、ブランドもの、Macストア、本屋さんなどが集まる巨大ショッピングセンターです。

Img_0841 Img_0843

ブーゲンビリアの花も生き生きしていました。

Img_0828

Img_0827

Img_0826

フードコートの一角にあるこのBarは、初日、早朝に到着した際、お世話になりました。ビールの種類がそれなりにあって、安めだったので、また行ってしまいました。なんと食べ物の持ち込み可、でも、アルコールの持ち出し不可?!

Img_0829

巨大フードコートです。うどんやお好み焼きという日本のファーストフードもあります。初日もそうでしたが、この日も席を探すのが難しいくらい混んでいました。

Img_0830

とても開放的な造りですが、大きすぎて、方向感を失うこともしばしば。行きたいところになかなか行けないこともありました。

Img_0831

アラモアナ・ショッピングセンターを後にして、「ビクトリア・ワード・センターズ」に向かいました。地図だと近そうだったのですが、超快晴だったこともあり、辿り着いた時には汗びっしょりでした。ここは、洋服やチョコレート屋さん、雑貨屋さんに靴屋さんなどのショップやレストランなどが入った6つの施設が集まったワード地区の総称で、特に夜、にぎわうところなんだそうです。

Img_0832

ここにノース・ショア「ハレイワ」が本店のハンバーガーショップ「KUA’AINA」があります。満席のようでした。

Img_0833

Img_0835

このエリアの周りは再開発が進んでいるようで、建設中のビルや建物がいくつもありました。これから、なんでしょうね。観光客の姿はまばらでした。やっぱり夜、にぎわうのでしょうか。

Img_0836

ワード・センターでランチを食べ損ねてしまったので、アラモアナ・ショッピングセンターに戻って、「Pizza Hut」でピザセットを1つオーダーして2人で食べました。久々のパン生地(薄い生地ではないヤツ)。2つでお腹いっぱい。

Img_0840

Img_0842

「ピンクライン」のトロリーでワイキキに戻りました。これはとても便利でした!ただ、ガタガタお尻はちょっと痛かったですけど、まぁ、ご愛敬。

Img_0845

Img_0846

Img_0916

トロリーは風通しのよいオープンカータイプなので、ホノルルの風を感じながら、街の雰囲気を楽しむことができます。

Img_0860

Img_0879

ホテルに戻って休憩し、少し荷物を片付けてから、「The Royal Hawaian」の雰囲気を味わいに出掛けました。

Img_0915

「The Royal Hawaian」へ向かう小道。なぜか、近くのショップやレストランの店員がこの小さな路地でタバコをふかして休憩中でした。レインボーかき氷はこの通りでも売られていました。

Img_0884 Img_0912

Img_0886

通称「ピンク・パレス」と呼ばれる「The Royal Hawaian」。本当に真っピンクでした。スペインのムーア様式の建築なんだそう。独特なこの雰囲気はワイキキに数あるホテルの中でもダントツです。

Img_0913 Img_0914 Img_0911

こんなにホテルの外観がピンクなのに、そんなにいやらしくないのは、きっと、ホテル内にたくさんの緑の木々や色とりどりの花があるからなんだろう、と納得しました。トロピカルな木々とこのピンクの壁のコントラストは絶妙です。ハワイに来たからには、思いっきりリゾートするぞ!という気分にさせてくれるような雰囲気のホテルですね。

Img_0910

飾ってある花のアレンジもホテルによって様々。

Img_0909

「ハレクラニ」や「モアナ・サーフライダー」が落ち着いた大人の雰囲気なら、「ロイヤル・ハワイアン」は遊び心たっぷりの超リゾート!という雰囲気。

Img_0907

長い回廊を抜けると、ワイキキの青い海が広がります。

Img_0888

Img_0903

Barに向かうまでに、バナナが・・・すごいトロピカルな雰囲気。

Img_0887

ここが有名な「Mai Tai」発祥のバー、「Mai Tai Bar」です。

Img_0889

「ハレクラニ」のバーより、ずっとずっとカジュアルな雰囲気です。ちょっとがじゃがじゃしてる印象。柱ももちろんピンク、テーブルクロスもピンク。徹底してます。

Img_0896

なんとメニューもピンク。すごい。

Img_0893

主人は「チチ」を頼みました。味は「ハレクラニ」がぶっちぎりの勝ち。

Img_0894

わたしは「ピンク・パレス」に来たからには、「Pink Palace」でしょう、ということで、「Pink Palace」という名前のカクテルをオーダー。美味しかった!

Img_0900

結局、二人とも「マイタイ」は頼みませんでしたが、近くの人がオーダーしていたので激写。「Maitai」とは、タヒチ語で「この世のものならぬ」という意味なんだそうです。ちなみにこのバーは、テントの下にテーブルがあるカンジなので、開放感はあまりなかったです。

Img_0891

主人が撮った「Maitai Bar」からの眺めです。リゾート地!という雰囲気満点。ダイヤモンド・ヘッドの見え方もまた違います。

Img_0901

バーから撮ったホテルの外観。ここでもハワイアン・ミュージックの生演奏と、フラを楽しめます。ただ、「ハレクラニ」の方が、生演奏も、フラのショーも、カクテルも・・・よかったです。

Img_0917

「The Royal Hawaian」を後にして、最終日、何を食べよう?と話して、初日に食べたバーガーをもう一度食べたいね、ということになり、「Cheese Burger in Paradise」でオアフ島最後のディナーをいただくことにしました。その行きがけに、まだ写真を撮っていないことに気がついた、「Moana Surfrider」のすぐ横にある交番です。これは心強い。

Img_0919

Img_0920 

夕暮れ近づくカラカウア通り。この通りを滞在中、何往復したでしょう・・・。

Img_0921

また来ちゃいました(汗)

Img_0924

初日は夜でしたがこの日は夕方早めの時間。でも、お客さんは結構いました。

Img_0929

手作りっぽい椅子も雰囲気よかったです。

Img_0922

このお店は初日にも思いましたが、ディスプレイにも凝っててお店の雰囲気がなかなかいいです。 

Img_0926

最終日、主人は初日にわたしがオーダーした焼きパイナップル入りのテリヤキソースハンバーガー、わたしは焼きパイナップルとアボガドが入ったバーガーにしました。お決まりで、自家製ソースは抜いてくださいとリクエスト。

Img_0928

ハワイのビールは当たり前ですがアメリカのビールが主ですが、輸入ビールも多かったです。日本ではうすーい、かるーい、と思っていたバドワイザーも、カラッと晴れたハワイで飲むとさわやかなカンジで美味しかったです。その国のビールはその国で飲むのが一番なんでしょうね。

Img_0933

さて、バーガー到着・・・でも、思いっきり自家製ソース入り(汗)わたしはまだ食べれるので、そのまま自家製ソース入りバーガーをいただきましたが、主人は作り直しを命じていました。今日の担当は男性スタッフ、ソースを抜いてください、って言った時、ちゃんとメモってた気がしたのですが。ちなみにこの男性スタッフは後ろの席のお客さんと、わたしたちのテーブルのオーダーを取るのも忘れて、ずーっと大リーグの話をしてました。ハワイの人もかなりのスポーツ好き?レストランにテレビがあると、必ずスポーツを流していました。

ちなみに、初日のバーガーの方が美味しかったです。ちょっと残念。

Img_0934

お店を出ると、すっかり日暮れでした。

Img_0935

ホテルへの帰り道、「ワン!ツー!スリー!フォー!」という威勢のいい声が上から聞こえてきたのでふと上をみると、女性インストラクターを囲んで、バイク運動をやっていました。どこに行っても欧米の方たちはよく運動をしてますね。

Img_0973

クヒオ・ビーチの前を通りかかると、たくさんの人が集まっていました。そういえば、クヒオ・ビーチの野外ステージで無料のフラショーがあるってガイドブックに書いてあったかも、って思い、わたしたちも鑑賞することに。

Img_0938

Img_0936

Img_0941

Img_0947

Img_0947_2

トーチライティング・セレモニー の後、フラダンスのショーが始まります。ハワイアンミュージックの心地よい音色と、少女たちのフラショー、ベテラン女性たちのフラショーと、気軽にステージを堪能することができます。無料で、しかも心地よいクヒオ・ビーチの風を受けながらの本格的なサンセット・フラショーはかなりおススメ。

Img_0942

Img_0954

Img_0959

Img_0961

Img_0968

Img_0971

主人と義理の両親が依然、マウイ島に行った時、夕陽がとてもキレイだったそうです。ワイキキのサンセットもちょっぴりせつない気分にさせてくれるキレイな夕日でした。

わたしが一番好きな曲、杉山清貴&オメガトライブの『Alone Again』という曲がふと浮かんで来ました。旅の最後に美しい夕陽を見ることができてよかったです。

Img_0984

Img_0985

Img_0991

楽しかったオアフ島の旅も終りです。夜のワイキキの海を、しばらくぼーっと見ていました。

2007/08/21

オアフ島ダウンタウンとモアナ・サーフライダー

今日から2日間は、ワイキキをエンジョイです!ホテルを早々にチェックアウトし、次のホテルに移動して荷物を預かってもらってから、ダウンタウンをチェックイン時間まで観光することにしました。

Img_0549

昨日までの3日間は晴れたり曇ったりのはっきりしない天気でしたが、窓を開けたら快晴のいい天気で、ふと右手を見るとダイヤモンド・ヘッドがくっきりキレイに見えました。昨晩は全然気づきませんでした。あのてっぺんまで昨日はサンダルとスカートで登ったのです(汗)

Img_0557

「Ocean Resort Waikiki Hotel」は、カピオラニ公園に近いロケーション。そこからスーツケースをゴロゴロ引いて、ワイキキのメインストリート、カラカウア通りを10分くらい歩いて次のホテルに移動しました。まだ朝というのにビーチは賑わっていました。

Img_0240_2

遠くに見えるのは、「プリンス・クヒオの銅像」。カパフル突堤からハイアット・リージェンシー・ワイキキホテル前の防波堤に囲まれた海のビーチは「クヒオ・ビーチパーク」と呼ばれています。そのビーチの名前の由来になった人です。ここで後日、フラを堪能しました。

Img_0557_2

こちらもかなり遠くに見えるのは、サーフィンの神様「デューク・カハナモク」の銅像です。

Img_0558

荷物をホテルに預けて、ワイキキ・トロリーの「レッドライン」に乗ってダウンタウンに行こうとしたところ、この「レッドライン」は市内観光用だと運転手に言われ、「The Bus」(そのまんま・笑)のバス停を探すことに。

Img_0559

最寄のバス停は、カラカウア通りの奥にあるクヒオ通り側。途中にある「キングス・ヴィレッジ」という欧風建築の小さなショッピングモール。

Img_0560

バスが来ました。オアフ島には電車が走っていないので、バスは庶民の貴重な足。バスの料金は1回一律2ドルです。中は広くて快適。両窓側に長いヒモみたいのがぶらさがっていて、それを引いくと「降ります」というサインが出ます。日本やドイツのようなベルではありません。写真撮り損ねました、残念。

Img_0561

ダウンタウンで下車。ダウンタウンは緑が多く、花もたくさん咲いていました。こちらはハワイ州政府庁付近に咲いてい た赤い花。

Img_0563

Img_0567_2

「カワイアハオ教会」です。ホノルル最初のプロテスタントの教会だそうです。

Img_0566

緑が多くて、散歩するには最高です。やっぱり緑がたくさんあると、不思議と空気が美味しく感じます。 

Img_0569

さて、お待ちかねの「カメハメハ大王像」!

Img_0568

「カメハメハ大王像」は、ハワイ州最高裁判所の前に。遠くから見ても金ピカ?!

Img_0571

Img_0573

「カメハメハ大王」は、ちょっとお恥ずかしい衣装でした。金ピカ。思わずあの歌が頭の中をぐるぐるぐるぐる・・・南の島の大王は~♪

Img_0578

後ろ姿はこんなカンジ。

Img_0579

Img_0580

アメリカ合衆国唯一の宮殿「イオラニ・パレス」です。真っ白なとても美しい宮殿です。

Img_0581

「カラカウア王ビル」。緑が多くて、ハワイに来ている!という雰囲気満点なエリアです。

Img_0583

Img_0630

Img_0631

政治・経済の中心である「ダウンタウン」には、昔からの建物、近代的な建物が入り混じり、その中でヤシの木などの緑が生い茂る、とても気持ちのよい空間です。わたしはワイキキよりもダウンタウンが断然好きになりました。

Img_0586

Img_0587

Img_0588

Img_0590

新鮮な野菜や果物を売っているミニ市場が、ダウンタウンの真ん中に。すごく実が大きく美味しそうなマンゴーがあったので、2個購入。あの大きさだったら、日本で1個700円くらいするのが1個400円くらい。後日、冷やしていただきましたが、とっても甘くてサイコーに美味しかった!

Img_0591

Img_0613

緑が多いダウンタウン。たとえば沖縄の国際通りにもっとヤシの木があれば、雰囲気がよくなるのになぁ、なんて思いながら歩いていました。とても気持ちがいいです!

Img_0592

中華街の入口付近にある劇場「Hawaii Theater」です。ハワイでは最も古く1922年に建てられ、アメリカの歴史的建造物にも指定されているそうです。

Img_0593

Img_0595

平日の月曜日だったせいか?人が少なかったです。あと、何も調べて行かなかったのもありますが、中華料理店があまり目につきませんでした。中華食材や中国物品を売っているお店が多かったように思います。ワイキキやダウンタウンを見た後だと、ハワイとは思えない異空間がとても新鮮。歴史を感じさせる建物もあちらこちらに見受けられました。

Img_0597

Img_0598

Img_0599

地元の人々の生活が感じられた「マウナケア・マーケットプレイス」です。面白い雑貨もたくさん売られていました。中華が食べたかったわたしたちはフードコートを見つけて入ってみたのですが、中華料理というよりは、タイ料理、ベトナム料理などなど、アジア各国の料理を屋台っぽく売っているお店がたくさん並んでいました。

Img_0600

「マウナケア・マーケットプレイス」を抜けて大通りに出たら、人がたくさんいました!

Img_0601

Img_0602

新鮮な果物や野菜などがたくさん売られています。わたしたちが想像していた中華街は、もっと中華レストランがたくさん集まったチャイナタウンのイメージでしたが、観光客向けという雰囲気ではなく、もっと生活感にあふれたチャイナタウンでした。

Img_0603

中華料理店を探してうろうろ歩きまわりました・・・。

Img_0605

ふと見つけた入りやすそうな 中華料理店「Mini Garden(明園)」に入ることにしました。

Img_0607

Img_0609

Img_0611

主人はチキン入りのカタ焼きそば、わたしは海老入り汁そば、二人とも大好きな「酸辣湯」を頼みました。チャイナタウンなので安く食べれると思ったのに、1品平均7ドルくらいして、安くないなーと思っていたら、1品の量が1人分ではなく、複数人で取り分けるサイズだということに気付きました。汁そばはともかく、焼きそばと酸辣湯の量はすごかった!酸辣湯なんて、テーブルに置いた瞬間、スープが更に溢れ出てしまいました。 ちなみに、酸辣湯の味は、これまで食べたことのない酸辣湯の味でした。胡椒の量が多く、酸味が強かったカンジですが、美味しかったです。飲み終わったら身体の芯からポカポカしてきました。

Img_0615

中華街を後にして、海の方へお散歩しました。ダウンタウンエリアは、オフィス街、中華街、そしておしゃれなお店が集まるベイサイドと、さまざまな顔を楽しむことができます。

Img_0616

ダウンタウン・チャイナタウンからそれほど遠くないホノルル港にある「Aloha Tower Marketplace」には、ホノルル港のランドマークである「アロハ・タワー」や、土産物屋やお洒落なレストランが集まるショッピングセンター、「アロハ・タワー・マーケットプレイス」があります。

Img_0619

ガイドブックで見るよりぜんぜんキレイに感じられた「アロハ・タワー」。青空とヤシの木に映える美しいタワーでした。

Img_0623

Img_0624

この日は天気が良く、空の青と海の青が鮮やかでした。ホノルル空港から飛び立つ飛行機が何機も見られました。

Img_0625

ホノルル港を見渡せるお洒落なレストランもありました。

Img_0627

Img_0626

Img_0628

ワイキキのショッピング街に比べると人も少なくてのんびりできます。ここからまたダウンタウンまで散歩しながら、ワイキキへ戻るバス停を探しましたが、暑かったしたくさん歩いたこともあって、ビールでも飲んでからホテルに帰ろうとダウンタウンを歩いたのですが、夜はBARになるレストランにもビールがなく・・・ここはオフィス街なので、昼間はビールは売らないのかしら?と思ったほどでした。結局何も飲まずにバスに乗ってワイキキに戻りました。

Img_0847

チェックイン時間の15時、ホテルに到着。初ハワイの締めくくりは、今年6月にSheratonからWestinに変わった「Moana Surfrider」です。とても上品な真っ白い外観。「ワイキキの白い貴婦人」と呼ばれるのも納得。

Img_0850

1910年創業のワイキキで最も歴史があるホテルです。

Img_1078

Img_1077

Img_1079

Img_1089

Img_1092

Img_1095

Img_1074   

Img_0815

Img_1090

Img_1093

Img_1083

Img_1082 

海風が心地よく吹き抜けるロビーと上品なインテリアが迎えてくれます。表の椅子で思い思いにくつろぐこともできます。フレンドリーな男性フロントスタッフに迎えられ、チェックインの手続きをしていると、どこからともなくトロピカルドリンクと蘭の花でできたレイをもった女性が近付いてきました。女性には蘭の花、男性には木の実でできた「Lei」で出迎えてくれます。

Img_0852

このホテルは「バニヤン・ウイング」と呼ばれる本館、「ダイヤモンド・ウイング」そして近代的な「タワー・ウイング」3棟の建物で構成されています。予約前にいろいろ調べたところ、隣の音が気にならないのは一番新しい「タワー・ウイング」という書き込みが多かったので、「Tower Wing」を予約していました。

Img_0853

ホテル内には土産物屋や、上質なアロハシャツなどを扱うショップもあります。また、飾ってあるお花は枯れたものは見られず、毎日フレッシュでした。リゾート気分を演出してくれています。

Img_0978

こんな風にのんびりできるのかしら?なんて。 

Img_0661

「タワー・ウイング」はWestinブランドに改装されていました。

Img_0982

フロントでチェックインした際、当初、「タワー・ウイングのオーシャンフロント」で予約していたのですが、スイートにアップグレードされていました。6階の一番奥の方へドキドキしながら歩いて行きました。

Img_0634

Img_0636

Img_0643

ドアを開けると、ものすごく広い部屋が! 

Img_0637

ベッドも高さのある「The Hevenly Bed®」。ベッドルームからも出られる第二のミニベランダがありました。このミニベランダからの眺めもかなりよかったです。

Img_0642

Img_0649

そのベッドルームからも出られるミニベランダ。夜は真下で生ライブをやっているので、下のBARに行かなくてもお部屋がBARになります。

Img_0638

Img_0639

バスルームもピカピカで、なんとトイレはTOTOのウォシュレット。

Img_0640

金庫、ドライヤー、スリッパと完璧。

Img_0808

フロントでいただいたレイとダイヤモンド・ヘッドと青い海。ハワイに来て4日目にしてハワイらしい青い空と青い海と心地よい風に恵まれ、このウェルカム・レイでリゾート気分満点に♪

Img_0652

Img_0656

ベランダからはダイヤモンド・ヘッドがキレイに見えました。絵葉書のように美しい景色です。同じような写真を滞在中、何十枚も撮ってしまいました。

Img_0646

遮るものが何もない、完璧なオーシャンビュー。目の前のヤシの木がまた、リゾート気分を盛り上げてくれました。

Img_0655 

ホテルのプールは思ったより小さく、ホテルのプライベート・ビーチも小さめでした。奥にあるのは、このホテルの歴史を見守ってきたバニヤンの大樹です。

Img_0648

ベランダ正面には海、左手にはダイヤモンド・ヘッド、そして右手には「ロイヤル・ハワイアン」が見えました。

Img_0265

Img_0703

夕刻、「ハレクラニ」でのショーと、夕食を食べに出掛けました。「ハレクラニ」の手前にあった、「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」という、お洒落なショップやレストラン、新しいホテルなどが集まった新名所です。

Img_0702

ハワイ語で「天国にふさわしい館」という意味の名前の名門ホテル「Halekulani」。無料のサンセットフラを楽しむなら、ぜったいハレクラニがいいと日本を発つ前に言われ、17時半頃から始まるというフラ・ショーを見に 出掛けました。ホテルの構えは、モアナ・サーフライダーに比べると普通のリゾートホテル、という第一印象でした。

Img_0700

照明を落とした大人の雰囲気満点のロビー。お花も豪華です。

Img_0663

Img_0699

中庭はシンプルにヤシの木と草花が配されていました。上品な雰囲気。

Img_0697

ハレクラニのプールサイド・レストラン&BAR「House Without a Key」では、毎夕、生バンドのハワイアンミュージック演奏とサンセットフラダンスを楽しむことができます。ワイキキのホテルでは、他にも無料のイブニングショーを楽しむことができます。

Img_0674

Img_0675

ダイヤモンド・ヘッドの見え方は、当たり前ですがホテルによって変わります。ハレクラニからのダイヤモンド・ヘッドもなかなか美しかったです。海辺で風も心地よかったです。 

Img_0668

まずは席に通されて、ドーン、と、ポテトチップスを置かれました。ちょっと脂っこくて硬めなポテチは、アメリカに住んでいたことのある主人には懐かしい味だったようです。

Img_0669

主人はブルー・ハワイを注文。冷たくてほどよく甘く、すごく美味しかったようです。味見させてもらいましたが、美味しかった!

Img_0672

わたしは悩んだ結果、パイナップルやオレンジが入ったトロピカルなカクテルに。

Img_0670

しかしながら、味はイマイチ(涙)

Img_0671

Img_0694

この大樹は、ワイキキ・ビーチでただ1本残っているという樹齢100年を超えるキアヴェツリーだそうです。この木の下で演奏されるハワイアンミュージックは何とも耳に心地よいものでした。

Img_0676

なかなかフラが始まらないので、主人は2杯目として「チチ」を注文。これも冷たくてココナッツのほのかな甘みが何ともいえず美味しかった!

Img_0684

Img_0686

そして、お待ちかねのサンセットフラです。薦められた通りの優雅な踊りにうっとり。夕陽に染まる海をバックに、美味しいカクテルと音楽とダンスで、最高に贅沢な時間を過ごせました。

Img_0693

翌日は「Royal Hawaian」でのイブニングショーに出掛けたのですが、カクテルも音楽もダンスも、「Halekulani」の方が上でした。カクテル1杯でこんなに楽しめるなんて!

Img_0704

素敵な時間を過ごした後、ほろ酔い気分で今晩のディナーの場所へ移動。ワイキキは朝から晩まで本当ににぎやかです。夕方には道のそこここにあるタイマツに火が灯り、波の音と心地よい海風、そしてあっちこっちのホテルから聞こえてくるハワイアンミュージックの生演奏と、昼間とは違った大人が楽しめる雰囲気がまたよかったです。

Img_0733

夕飯は、昨晩、中途半端なステーキだったので、今日はガッツリお肉を食べたいという主人のRQを考慮して、1泊目と3泊目に宿泊した「Ocean Resort Waikiki」に近い「HY’S(ハイズ)」にしました。

http://www.hyshawaii.com/

Img_0706

店内は照明を落としたシックな雰囲気。重厚感溢れる木をふんだんに使ったインテリア。いろいろな賞を獲得したお店らしく、記念の盾がたくさん飾ってありました。

Img_0714

Img_0715

水曜日から土曜日にはライブがあると書いてあったので、本当は翌日水曜日に行きたかったのですが、店内に入ってみると火曜日だというのに澄んだギターの音色としっとりした歌声が響き渡っていました。 お店の雰囲気にぴったりな、また、美味しいお料理に一味追加するような演奏は、なかなか良かったです。

Img_0707

このお店の名物だという特製「チーズブレッド」はお酒も進む美味。

Img_0710

主人はサラダかスープの選択に、スープを選択。「クラムチャウダー」は正直苦手らしいのですが、これはすごく美味しかったとのこと。味見させてもらいましたが、牛乳や魚介臭さがぜんぜんなく、まろやかで美味しかったです。

Img_0711

わたしはサラダを選択。店内が暗いと素人ではなかなかうまく写真が撮れません(涙)

Img_0723

主人は3つから選択できたお肉から、一番大きいものを頼みました。半端じゃなく大きく、食べ疲れていました。

Img_0724

わたしは量より質、ということで、ヒレを選択。ジューシーで味もよく、とても美味しかったです。ガーリックマッシュポテトも美味しかった!!

Img_0731

Img_0732

デザートのシャーベットも、お肉でお腹いっぱいになった胃袋には優しいお味でした。お料理の味もお店の雰囲気もとてもよかったです。

Img_0735

お店を出た時には真っ暗でした。

Img_0739

お部屋に帰ってベランダに出ると、ハワイアンミュージックが近くで、遠くから、聞こえて来ました。深夜まで食事やカクテル片手に生演奏を楽しんだり、砂浜に座って波の音、美しい夜空の星を楽しんでいる人々がたくさんいました。

Img_0774

そう、驚いたことに、ホテルからたくさんの星が見えました!わたしは流れ星まで見てしまいました。ワイキキはホテルも多いので星なんて見えないと思っていたのでびっくりでした。波の音、ヤシの木の葉音、月の光、星の輝き・・・贅沢な夜のひと時でした。

2007/08/20

オアフ島ウィンドワードから南東部へ

今日は東海岸沿いをずっとドライブしながらワイキキへの帰路です。それにしてもオアフ島上陸してから3日間、ずっと晴れたり曇ったり小雨が降ったり風が強かったり、という安定しない天気が続いていました。

朝からビーチへ行ったのですが、晴れたり曇ったりの不安定な天気で日差しもイマイチ。風は強いし、30分ほどで部屋に帰り、チェックアウトの11時までゆっくりすることに。そのビーチからの帰り、エレベーターホール手前にオウムが2匹いることに気付き、一度部屋に戻って写真を撮りに1階に下りました。

Img_0400_2 Img_0401

赤色の「ULA」ちゃん。

Img_0405 Img_0403 

こちらは黄色の「IKAIKA」ちゃん。

Img_0408 Img_0375

某ガイドブックに「カメの泳ぐプールがある」と書いてあったので、気になってプールに行ってみました。天気も回復してきました。

Img_0406_2

ホントだ!カメだ!っていうか、イラストでした。残念(涙)

Img_0413

本物のカメが泳いでるみたい?

Img_0414

オリジナルTシャツなどを売っている売店もあります。カップヌードルやスナック、ビールやソフトドリンクなども売っていました。周辺には確かに何もありませんが、軽食ならココで間に合います。

Img_0409

Img_0411

Img_0345

ホテルの周りにはトロピカルな雰囲気を演出する木々や草花がたくさんあります。ただ散歩しているだけでもとても気持ちがいいです。あぁ、なぜここを1泊にしたのか後悔しました。次回、機会があれば是非2泊したいです!

Img_0416

すっきりしない天気の中、タートル・ベイ・リゾート・ホテルに別れを告げ、オアフ島の東側を南下。波もかなり高かったです。

Img_0417

『ジュラシック・パーク』や『ゴジラ』のロケ地にもなったというクアルア牧場付近。

Img_0422

「クアロア・ビーチパーク」は緑も多い公園とビーチ。ここからは面白い形の島が見えます。

Img_0419

中国人の帽子 のような「チャイナマンズ・ハット」です。鈍より曇り空で残念。

Img_0426

遅ればせながら、2日間レンタルした「フォード・トーラス」という車です。小回りは利かないし、乗り難い!!と主人が最後まで怒っていました。

Img_0428

更に南下し、「カイルア」という街に到着。そろそろランチタイム。この街で一番大きな「カイルア・ショッピング・センター」に車を停めて、何となくチャイニーズが食べたかったので探したのですが見つけられませんでした。しょうがないのでちょっと車を走らせて適当なところを見つけることにしました。

Img_0441

Img_0452

「ラニカイ・ビーチ」に向かう途中の「カイルア・ビーチパーク」の通りを隔てたところにあった「BUZZ’S ORIGINAL STEAK HOUSE」に入りました。結局中華ではなくアメリカン。

Img_0439

なかなかいい雰囲気でした。地元のおじさんがひとりで来ている人も多く、アットホームな雰囲気でした。でも、ここにも日本語メニューがありびっくり。

Img_0429

Img_0430

「BUZZ’S BURGER DELUXE」を注文。これにはスープかフライドポテトが付いていて、わたしはスープを選択。シーフードかマッシュルームなんちゃら、と言っていたので、マッシュルーム味のものにしました。味は・・・微妙。バーガーは美味しかったですが、ドレッシングを2つとも抜いてください、と、お願いしたのに2つとも入っていて主人は憤慨。「聞こえなかった」とか言われたのですが、しっかり注文時に「OK、(片方とかではなく)どちらもドレッシング抜きなら大丈夫」くらいのことを言って自分でRECONFIRMしていたのに・・・欧米人は絶対謝らないです。

Img_0431

スープを選択したからか、パンが付いてきました。バーガー頼んだのに???

Img_0438 

で、主人は身体に悪そうなフライドポテト。

Img_0442

ランチ後、レストラン前の道を隔てた「KAILUA BEACH PARK」に歩いて行きました。

Img_0446

天気が微妙だったのですが、パーっと光が差すとキラキラ海が輝いてとてもきれいでした。

Img_0447

Img_0453

Img_0455

ハワイの砂は足に優しく、キメが細かく感じました。日本人の姿も見えましたが、圧倒的に外国人(というか、我々が外国人?)の姿が多かったです。ここにはちゃんとシャワーやトイレなども完備されているようでした。

Img_0461

車で少し走ったところにハワイ語で「天国の海」という意味の「LANIKAI BEACH」があります。

Img_0462

Img_0463

Img_0460

Img_0464_2

天気が不安定だったのが残念でしたが、太陽が顔を出すと、エメラルド色に輝く海が美しかったです。やはり風は強かったです。

Img_0468

「天国の海:ラニカイ・ビーチ」を後にして、「潮吹き穴」という名所でストップしました。岩に空いた穴から、海水が勢いよく噴き出します。

Img_0469

Img_0471

どこまでも続く青い海、青い空!

Img_0476

更に南下し、オアフ島南東部のハイライト、「Hanauma Bay」まで来ました。「Hanauma」というのはハワイ語で「カーブした」という意味だそうです。

Img_0474

Img_0480

Img_0481

エルビス・プレスリー主演の「ブルー・ハワイ」という映画がここで撮影されたそうです。かき氷の「ブルー・ハワイ」の青を思い出してしまいました。自然を守るために、駐車料金が車一台につき1ドル取られます。ハナウマ湾内に入るためにはさらに1人5ドル。自然環境を守るためです!

Img_0483

天気、かなりよくなって来ました。快晴!ハワイは空気がきれいです!

Img_0485

Img_0488

車に乗り込み、「カハラ・モール」という高級住宅街「カハラ」地区にあるショッピングセンターに立ち寄った後、「ダイヤモンド・ヘッド」に向かいました。ダイヤモンド・ヘッド周辺のビューポイントからの眺めです。なんだかすっごい高級住宅街も見えました。

Img_0492

ダイヤモンド・ヘッドの駐車場に車を停めて、いざ、展望台へ。駐車場に停めるには車1台につき5ドル、歩きやバスで来た人はひとり1ドル。天気もよくなってワイキキ一望の景色が楽しみでした。

Img_0513

”Are you ready for the climb?”という文字に若干の不安を抱きながらスタート。

Img_0511

最初は整備された道、なだらかな坂、まったく問題ありませんでした。

Img_0509

ところが途中から舗装されていない道に変わりました。わたしたちはちょっとそこまで、という気持ちだったので、サンダル(汗)

Img_0508

汗だくになりながらゆるい坂を上ったところで、階段が出現。ここから難関が続きます。

Img_0494 

最後の99段が辛かった!!数えまいとただ下を見て一段一段上って行ったのですが、上から下りて来た外国の方が段数を数えていて・・・気を抜くと、後ろに落ちてしまいそうな急な階段をちゃんと登れてよかったです。ほっ。。。

Img_0495_2

暗いトンネルを抜けて、少し歩いたところで展望台です。約20分ちょっとかかりました。階段の時は本当に辛かったのですが、頂上の眺めは最高でした!

Img_0505

中央に小さく見える駐車場から、かなり距離があったことが分かります。なぜ、外国の方たちがペットボトルのお水を持って、また、ウォーキングシューズだったのかに納得です。頂上で飲むミネラルウォーターは最高だったでしょう!

Img_0496

Img_0498

Img_0503

青い海がきらきら美しかったです。ホント、「ブルー・ハワイ」という言葉がぴったり。展望台からは、街も海もきれいに見えて登る価値はあります。沖縄の海は女性的、ハワイの海は男性的という印象。

Img_0512_2

駐車場まで同じ道を下りてくると、頭が赤い鳥がいました。

Img_0517

Img_0516

”Brazilian Cardinal”という鳥だったようです。この他にも、ハワイでは、本当にたくさんの種類の鳥に会うことができます。

Img_0662_2

ダイヤモンド・ヘッドを後にして、レンタカーを返し、シャワーを浴びて夕飯を食べにワイキキの街に繰り出しました。夕飯は「Atlantis Seafood & Steak」にしました。

Img_0522

ドレッシングが苦手な主人は、ドレッシングを抜いてください、と、日本人スタッフにお願いしたのですが、持ってきた現地人スタッフはしっかり”シーザーサラダ”を持って来ました。一皿やり直しです。

Img_0523

そして、ドレッシングをかけずに持って来ましたが、シーザーサラダのドレッシングを別の入れ物に入れて置いて帰りました。この入れ方・・・いい加減過ぎます(というか、要らないのに)。

Img_0526

わたしはロブスターを選択。ボリュームは微妙でしたが、美味しかったです。

Img_0525

主人はステーキが食べたかったので、ステーキとカニのセット。でも、メインのはずのステーキがめちゃくちゃ小さかった(汗)

Img_0527

ハワイといえばトロピカルドリンク!主人が「マイタイ」を注文。後日、このマイタイ発祥のBARに行きました。

Img_0531

コーヒーはリフィルフリーのアメリカではおかわり自由でした。でも、いくらおかわりでもこんなになみなみ注がれては・・・お腹いっぱいです。

Img_0535

3日目のホテルは1泊目のホテルと同じ「Ocean Resort Waikiki」です。今回は12階の上層階を充てられました。5階の部屋とはだいぶ違います。アイスペールなんかもありました。でも、この左側に見えるベッドサイドランプの電球が切れていたので、主人がハウスキーパーに電話すると、メンテナンスに掛けろと言われ、メンテナンスに電話して30分以上経っても持って来ないので、また電話すると、それから15分後くらいにやっと持って来ました。さらに、電球を取り換えてもなぜか点かない!おかしいと思い、ベッドを動かして電源を見ると、電源が抜けていました。クーラーは切るか入れるかの選択しかなく、異常にうるさいし、目覚ましも強烈な不快音。2泊とも、ハード面よりも、ソフト面がイマイチなホテルという感想で終わりました。

Img_0542

5Fも12Fも、バスタブなしシャワーだけ。おまけにシャワーは固定式。5Fのお部屋のシャワーは錆びててかなり古い印象でしたが、こちらはまだまともでした。

Img_0543

浴槽(?)も12Fの方がきれいでした。

2007/08/19

オアフ島パールハーバーからノースショアへ

朝10時に宿泊ホテルの隣、Waikiki Beach Mariott Resort & Spa内HERZレンタカーで車をピックアップして1泊2日のオアフ島ミニドライブ旅行に出発しました。わたしは免許を持っていないので、主人が運転しましたが、やはり左ハンドルの右側通行は違和感があり、かなり運転し辛そうでした。

Img_0280 まずは某家電メーカーのCMで有名な「この木なんの木」でおなじみの「モンキーポッド(ねむの木)」のある「Moanalua Gardens」に。高速道路を下りてすぐ、とガイドブックに書いてありましたが、本当にすぐ!でした(ほぼ出口)。

Img_0281 テレビで見ていた大きな木が目の前に、これはちょっと感動します。1本ではなく、何本も大きな木がありました。

Img_0282Img_0286

Img_0287

この~木なんの木、気になる木~♪♪♪

Img_0289 ワイキキから北上する際、いくつかショッピングセンターを見かけました。地元のスーパーっぽいところに、主人がアメリカに住んでいた際、「1枚買うと1枚無料」でピザが付いて来たという「Little Ceasers」 を発見。

Img_0290 ドライブの途中、「アロハ・スタジアム」の横を通りました。わたしは知らなかったのですが、ハワイ最大の球場で、NFLのオールスターゲームがシーズンオフの2月くらいにこのスタジアムで行われるそうです。もっとちゃんと撮影すればよかった(涙)Img_0292

Img_0293

Img_0297

パール・ハーバーにある「潜水艦バウフィン号博物館」に立ち寄りました。昔、高校の世界史で習いましたが、映画「パール・ハーバー」などを見てくればよかった、と、ちょっと思いました。

Img_0294

Img_0299

遠くに「戦艦ミズーリ号」が見えました。現在は歴史博物館として一般公開されているそうです。ハワイは現在でも米軍の太平洋戦略重要拠点で、オアフ島には多くの米軍基地があります。

Img_0300 パール・ハーバーを出て北上し、「ドール・プランテーション」に到着。

www.dole-plantation.com/Japanese

Img_0301 フルーツで有名な「Dole」の農園やショップなどがある施設。ショップ内のお土産物もオリジナルグッズからハワイの特産品まで充実していて、この旅の中で一番買い物をしてしまいました。かわいいパイナップルの絵がついたTシャツやお皿やカップ、パイナップルグミやパイナップルフレーバーの紅茶などなど。

Img_0303世界中からお客さんが来ていて、大盛況でした。中では軽食しかありませんが、カットされた甘くて美味しいパイナップルがいっぱい入って約4ドル、生パイナップルジュース、パイナップルアイスクリームなど充実しています。Img_0304

Img_0305

Img_0308

乗りませんでしたが、「パイナップル・エクスプレス」という観光列車が走っていて、パイナップル農園などを見学できるそうです。

Img_1158_3

50ドル買うと1個、マグカップをくれました。2人で分けて清算して2個もらって帰りましたが、いざもらったのはいいけれど、若干後悔?(汗)

Img_0322 オアフ島の中心を南北に走る「カメハメハ・ハイウェイ」を北上し、「ハレイワ」 という小さな街に着きました。ここは、オールドハワイの雰囲気を残すちょっとひなびたノース・ショアの街。

Img_0314東京や神奈川の方にも最近はお店がある「KUAAINA」というハンバーガー屋さんの本店です。満席の大盛況でした。

Img_0315_2

ランチはピザにしよう、ということで「KUAAINA」の向かいにあるピザ屋さんに。入口が裏の方にあってちょっと分かり難かったです。Img_0317_2

このお店もアメリカっぽい雰囲気でインテリアも凝っててよかったです。

Img_0319_2

野菜不足だったのでサラダを注文。ハワイはサウザンドレッシングっぽいのが多いのかしら?Img_0320_3

ペパロニを二人でシェア。ボリューム満点でしたがちょっとスパイスが足りなかったので、乾燥ホットペッパーを多めに降って食べました。美味しかったです。

Img_0321_2

ランチ後、ピザ屋近くの地元スーパーに立ち寄りました。今日の宿「タートルベイ・リゾート」の周辺は何もないというので夜食などを購入しました。こんな田舎町(?)のスーパーにもカップラーメンなど日本を売っていました。Img_0312

看板や建物がちょっと古めかしくていい雰囲気。

Img_0323_2海辺の街らしく、貝殻を使ったハンドメイドのお土産などが売られていました。Img_0324

いろんなお店が集まっている「NORTH SHORE MARKETPLACE」。ランチをしている人、お茶をしている人、買い物をしている人など賑わっていました。日本人はあまり見かけませんでした。

Img_0310

Img_0325コーヒー専門店があったので入ってみました。Img_0326

喫茶店も兼ねていて、コーヒー豆やオリジナルグッズも売っていました。コーヒー豆は挽いてくれます。いい香りが漂っていました。「豆を挽く場合は”グラインド・プリーズ”と言ってください」というような案内版もあるので日本人にも安心。Img_0327_2

車窓から写したので遠いのですが、マクドナルドもなかなかいい雰囲気でした。この近くにセブンイレブンもありました。Img_0331_2

ノース・ショアの海沿いを東に。今日は曇ったり晴れたり小雨が降ったり風が強かったりと、不安定な天気でした。この道沿いには「サンセット・ビーチ」という夕陽がとてもきれいに見えるビーチがあります。北の方のビーチはワイキキなどに比べると人が少ないのでのんびりできるかもしれません。

Img_0333_2今日の宿泊地「Turtle Bay Resort」に到着。Img_0346

このリゾートホテルには「アーノルド・パーマー・ゴルフコース」という有名なゴルフ場があったり、コテージが点在していたり、ビーチも美しく、乗馬などのアトラクションも多数できるようです。

Img_0352フレンドリーなフロントスタッフに迎えられ、ロビーも広々、ロビー奥には海が広がり、リゾート気分満点。日本人も少なくてよかったです。Img_0376

ちょっと暗いですがエレベーター近くから見たロビー。

Img_0373お部屋は5階の低層階でしたが、このホテルは全室が見え方はともかくオーシャンビュー。

Img_0334_2ベットは最高に心地良かったです!高さも柔らかさ・硬さもちょうど良かったです。ベッドの上には・・・

Img_0362_2クラゲ???このホテルはカメのはずでは?

Img_0397_2I’m a ”Ha’ uke’ uke”(Single Urchin)・・・って、ウニ?!

Img_0335_2

洗面所は右の部屋に別にありますが、こちらも使えます。白が基調ですっきりしています。Img_0357

こちらはバスルームの方の洗面所。アメニティも充実。

Img_0358フレンドリーなポーターの人が荷物を運んでくれた後、部屋の説明をしてくれ、製氷室の場所を教えてくれた後、氷を持って来てくれました。まぁ、チップ社会なので、チップをもらうため、と思ったらそれまでですが、ここまでしてもらったことはあまりないのでちょっと感動。Img_0359

バスルームもキレイ。バスタブも深めでした。お湯もたっぷり出ます。

Img_0336_2コーヒーメーカーと無料のドリップコーヒーや紅茶も。Img_0337

ベランダからプール方面を見た景色。風が強い島だなぁ、と思った一日でした・・・。

Img_0340ビーチも風強し。曇ったり晴れたりと安定しない天気でいたが、サーッと陽が差すと海がキラキラ美しかったです。Img_0344

Img_0342海辺にあるレストラン。雰囲気、とてもよかったです。Img_0348

プールも楽園♪

Img_0349

Img_0371

Img_0369

Img_0383

2007/08/18

ハワイ旅行へ出発&到着!

幼少時、亡き母方の祖父がハワイやロサンゼルスに連れて行ってくれたことがありますが、あまりに小さかったので、なんとなく記憶の断片にあるのは”レイ””夜のたいまつ””海”と病気したことくらい。なので、今回のハワイ旅行はわたしにとって初めてに等しいものです。

ヨーロッパと違い歴史的建造物や偉人に触れに行くのではないので、今回はとにかくのんびりすることが目的。ただ、”モンキーポッド(某電化製品メーカーのCMで有名な木)””ラニカイビーチ””ウミガメ”は見たいと思います。

Img_0168_2 まずはJRを乗り継いで上野駅の「一蘭」で日本の味を堪能。本場はやはり福岡ですが・・・。

Img_0170辛さは二倍以上。

Img_0173 京成スカイライナーで成田第一ターミナルへ出発です。NEX(成田エクスプレス)より安いので最近はコレです。

Img_0176 成田第一ターミナル南ウイングに到着です。オープン前に見学に行った以来。FIRSTクラス、BUSINESSクラス、ECONOMYクラス、とカテゴリー別に分かれています。

Img_0177 行きはユナイテッド航空です。今回は、ANAの航空券とホテル(最低)2泊がセットになった個人旅行向け『旅作』を利用です。ANAとのコードシェア便ならUAなども利用できるので、行きと帰りで航空会社を変えることができて複数の航空会社を楽しめます。ホテルは2泊以上の利用なので、一番安いホテルを選び、あとは個人でちょっとリッチなホテルを取れば、メリハリの効いた旅行も楽しめます。

Img_0181 ユナイテッド航空のラウンジ「レッド・カーペット・クラブ」を利用させていただきました。

Img_0194 足を踏み入れた瞬間・・・とにかく広くてきれい!

Img_0188生ビールサーバーやワイン、ソフトドリンクやスナックなど飲料軽食も充実。内は広いのに椅子やテーブルはゆっくりめに配置しているので、とても静かでくつろげます。スタッフがまめに片づけているので、テーブルはいつもキレイでした。生ビール美味しかったです♪

Img_0186和のテイストをふんだんに取り入れたインテリアは、外国の方にはかなりウケルのでは?

Img_0179 さて、ラウンジでひと休憩させていただいた後、搭乗口に向かいました。途中で見かけたUA機です。今回は新しい機体ではないのかしら?と思ったら・・・

Img_0197 新塗装機でした!すっきりした白いボディにさわやかな青です。

Img_0201 19時発のUA便、18時20分過ぎに搭乗。少し足元が広めのプレミアム・エコノミーの座席です。通常のエコノミー席を主人が覗いたところ、通常のYクラスも若干広めなカンジだったそう。シートテレビもついていて、オーディオでは懐かしの80年代米国ポップミュージックも。

Img_0202 ちょっと広め。

Img_0208 離陸して水平飛行に移ったところで食前酒サービス。わたしは赤ワインを。

Img_0210 主人はビール。フレンドリーな男性フライトアテンダントの方にサーブしていただき、とても快適なフライトを楽しめました!アメリカの航空会社がアルコールなどを有料にしているところもある中、UAは無料です。

Img_0213 機内食はビーフを選択。野菜サラダが多めで嬉しかったです。お肉も柔らかくて美味しかった!

Img_0215_2 ちょっとピンボケしちゃいましたが(汗)ユナイテッド航空のコーヒーは何とスターバックス。

Img_0217 朝は軽めにデニッシュが。

Img_0221朝焼けです。ユナイテッドは、土曜日の夜19時に成田空港を出発して、ホノルルには同日朝7時半に到着します。ホノルルの朝7時半は、日本の日曜日、夜中の2時半くらいです。フライト時間も行きは7時間くらいなのでひと眠りしているとあっという間にハワイです。

Img_0227 もうすぐホノルル♪

Img_0234 ホノルル空港へ向けて降下中。オアフ島上空、あっという間でした。

Img_0236 家もポツポツ見えます。

Img_0237 ハワイアン航空です。尾翼に女性の顔が。

Img_0238 ホノルル空港に到着して、入国審査に進むと、これがヨーロッパと違うところ。ひとりひとりいろいろ訊かれて顔写真と両人差し指の指紋撮影。時間がすごーくかかります。無事、スタンプを押してもらったら荷物のピックアップへ。入国審査に時間が掛かるので、荷物は既にずら~っと並んでいました。今回はホテルまでの足が片道着いていたので、空港の外のANAハローカウンターへ行き、説明を聞いてから車に乗り込みました。スズメよりちょっと大きな可愛らしい鳥が何匹もいました。

Img_0239 ハワイの高速道路は無料。アメリカの高速道路のほとんどが無料だそう。平日の朝や夕方は車通勤がほとんどなので、すごく渋滞するのだそうです。この日は土曜日だったので比較的空いていました。ハワイはアメリカなので左ハンドル、右側通行です。

Img_0241 ユナイテッドが朝7時半より早く到着し、プライベートコーチでの移動だったので、朝9時前にホテルに到着してしまいました。チェックインを試みましたが部屋が用意できていないというので、荷物だけ預けて仕方なくワイキキの街へ。まだ店も開いていないのでまずはスタバに。しかし、グランデの上のサイズがあるとは・・・でっかい!

Img_0242 ぷらぷらワイキキの街を散策、スーパーらしきものがあったので入ってみました。「フード・パントリー」はワイキキで唯一生鮮食品を扱うスーパー。

Img_0243 新鮮なお野菜がたくさん並んでいました。別のスーパーで、野菜に水をかけているところを目撃しましたが、より新鮮に見えるし、野菜も水をもらってうれしいのでは?と感じました。日本ではほとんどビニールに入ってしまっているので水なんてかけられませんよね。

Img_0244 冷凍食品の多さに改めて驚きました。ポテトやピザ、野菜や果物などなど何でも冷凍?!

Img_0245 パンケーキの素にケーキシロップなどはサイズも大きいし甘そう。

Img_0246 ラザニアにスクランブルエッグ、ハンバーグなどなど、このままチン♪して食卓に並べるのでしょうね(汗)

Img_0247 ポテトチップスもサイズが大きくてカロリー高そう。

Img_0250ようやく朝10時を過ぎ、小腹も空いてきたので主人がアメリカに住んでいた時にどこにでもあったという「タコベル」に入りました。話はよく聞いていましたが、わたしは初体験。タコスの生地がソフトとハードで選べます。ドリンクはでっかい紙コップを渡されて、リフィルはフリー。日本のようにウーロン茶とかアイスティーとかはなく、ペプシなど甘い炭酸飲料が多かったです。アイスティーがあった、と思ったら、ラズベリーなんちゃら、と書いてあり、激甘そうだったのでやめました。

Img_0251_4 皮がパリパリでホットソースもピリピリで美味しかったです。

Img_0253 15時のチェックインまで時間があり余っていたので、地図で確認したところかなり遠かったのですが、「アラモアナ・ショッピングセンター」まで歩いて行くことに。小雨が降っていましたが、誰も傘を差さないので我々も差しませんでした。ヒルトンの周辺にはたくさん木々や植物が植わっていて南国の雰囲気が漂っていました。アラモアナに着いてひとまわりしましたが、日本時間では朝5時くらい、眠くて疲れていたので、ショッピングセンターからの無料トロリーに乗り、ホテルに戻りました。

Img_0258 初日と3日目は「オーシャン・リゾート・ホテル・ワイキキ」です。どうもANAハローで予約したゲストの部屋は上層階だったようですが、我々は眠気に耐えられず14時くらいにチェックインしてしまったので、部屋の清掃が終わっていた5階の部屋を割り当てられました。カテゴリーはエコノミークラス。部屋は清潔でしたが、窓とドアと壁が薄く、バスタブなしの固定式シャワーオンリー。洗面所にシャワーを使うときはシャワーカーテンを中に入れるように書いてありましたがカーテンがありません。シャワーを浴びてひと眠りをしていたところ、メイドが何度もドアを叩き、仕舞いには電話を鳴らして「シャワーカーテンをつけ忘れた」とのこと。主人が今は寝ているので後にしてくれ、と言った5分後くらいにまたドアがドンドンドン!ひどかった。

Img_0259 ホテルからの眺めです。小さいながらもベランダに椅子がありました。ちなみに、翌朝8時半頃、またドンドンドン!とメイドドアを叩く音が。このフロアを担当しているのか、すべての部屋のドアを叩いて中に人がいるかどうか確認していた様子。後から気付いたのですが、「Don’t Disturb」の札がありませんでした。このホテルに明後日戻って来なければならないかと思うとちょっとブルーでした。

Img_0269

少し休んでワイキキの街を散歩して、「CHEESE BURGER IN PARADISE」にハンバーガーの夕飯を食べに行きました。Img_0279

可愛らしい看板。

Img_0272

店内のディスプレイもハワイの雰囲気満点。Img_0274

サーフボードの看板。

Img_0276

わたしは焼きパイナップル入りテキヤキバーガーにしました。焼きパイナップルも生パイナップルもすごく甘くて、バーガー、ボリュームもあってとても美味しかったです。Img_0278

オニオンリングも外はカラッと揚がっていて中はジューシーで美味しかった!

最近の写真

  • Dsc05936
  • Dsc05933
  • Dsc05927
  • Dsc05926
  • Dsc05925
  • Dsc05923
  • Dsc05919
  • Dsc05917
  • Dsc05915
  • Dsc05914
  • Dsc05913
  • Dsc05911